オバマ大統領、広島へ歴史的訪問
2016年05月27日付 Hurriyet紙


アメリカ大統領バラク・オバマ氏は、アメリカが第二次世界大戦において原子爆弾を投下した広島市へ昨日(5月27日)歴史的な訪問を行い、核兵器削減に向けたスピーチを行った。

日本の総理大臣である安倍晋三氏と、広島にある平和記念公園を訪問したアメリカ大統領バラク・オバマ氏は、1945年8月6日朝、アメリカ空軍所属の一機の戦闘機が投下した原子爆弾の結果、命を失った何千人ものために決して消えることなく火がともされ続けている記念碑に花を手向けた。その後目を閉じながら黙とうを行ったオバマ大統領は、平和記念公園(訳註:平和記念公園内の原爆資料館)にある「記帳簿」に署名をした。オバマ大統領は、そのノートに以下のように書いた。「私たち全員、戦争によって引き起こされた痛みを知っています。もはや、平和が確立され、核兵器のない世界をつくるための勇気を私たちは示さなくてはいけません」と。広島を訪問した最初のアメリカ合衆国大統領であるオバマ大統領は、「71年前、雲がなく快晴であった8月の朝、空から人々の上へ死の原子爆弾が落ち、世界全体は一変した。まばゆいばかりの光と、後に発生した火災は建物、街を焼き壊滅させた。そして人類は、人類それ自身をも破滅しうる兵器の所有者となったことをしめした」と話した。アメリカ大統領は「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」と日本語で書かれた記念碑の前で、言葉をこのように続けた。「私たちは、広島で70年前(訳註:71年の間違い)に起きた恐ろしい痛みが再び起きることを防ぐために、わたしたちが何をすることが必要なのかを自問せざるを得ません。1945年8月6日のことは決して私たちの記憶から消えることはあってはならない。世界が無頓着さ(現状に満足してしまうこと)に陥るのを防ぎ、共通の「良心(善悪の判断)」に基づく目標を定めるのを助ける唯一のものは、この記憶なのです。さまざまな恐怖から脱却するための勇気を示すべきであり、そうした恐怖から切り離された世界をつくるために、私たちは取り組んでいく必要があります」。

彼は謝らなかった

大方の予想通り、謝罪は行わなかったオバマ大統領であるが、核減縮や核兵器のない世界を構築するための行動するよう呼びかけを行った。日本の安倍晋三首相も、オバマ大統領の広島訪問が、アメリカと日本の関係に新しい1ページを開いたと語った。

関連情報
日本にある広島市は、1945年8月6日、世界で初めて原子爆弾の攻撃を受けた場所となった。B29機の「エノラゲイ」という名の飛行機は、時計が8時15分を示したとき、「リトルボーイ」という名の原子爆弾を投下した。海軍基地を有していた広島市では、一瞬で7万人が亡くなった。その後数か月で死者の数は14万6千人にも上った。8月9日には長崎市にも原子爆弾が落とされた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:庄原茉美)
(記事ID:40574)