ユーロ2016、トルコは第一次リーグ敗退
2016年06月22日付 Hurriyet紙


トルコ代表サッカーチームに、待望の良い知らせは届かず、無念にもユーロ2016に別れを告げなければならなくなった。

サッカー界の勝利の女神は今回、トルコには微笑まなかった。トルコは、チェコ共和国に2―0で勝利し、各組上位3チームからベスト16に進出したが、イタリアチームの餌食となった。

■ポルトガルが復活

注目の初戦はグループFのハンガリー対ポルトガル。ハンガリーの勝利がトルコ代表にベスト16の切符をもたらすはずだった。しかし、ポルトガルが巻き返して3-3の引き分けとなり、アイルランド対イタリア、スイス対ベルギーに注目が移った。

■微笑むベルギー

グループEの試合では、期待通りベルギーが1-0で勝利した。一方、すでに首位突破を決めていたイタリアは、対アイルランド戦で先発選手8人を入れ替えた。イタリアのコンテ監督によるこの作戦がアイルランドに隙を与えてしまい、アイルランドが1-0で勝利する結果につながった。
トーナメントで各組上位3位チームにはスロバキア、北アイルランド、ポルトガル、アイルランド共和国とが入った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:星井菜月)
(記事ID:40720)