PKK幹部バホズ・エルダル、「生きている」
2016年07月13日付 Cumhuriyet紙

PKKの高等幹部である「バホズ・エルダル」というコードネームのフェフマン・ヒュセインはアル・ジャズィーラ・アラビア語の記者と電話をし、殺されたという情報が嘘であると述べた。

シリアで車に仕掛けられた爆弾により殺害されたと発表されたPKK(クルディスタン労働者党; 非合法)幹部の「バホズ・エルダル」というコードネームのフェフマン・ヒュセインは、当情報は嘘で、「自分は生きている」と、アル・ジャズィーラ・アラビア語のアルビル特派員に電話で明らかにした。

エルダルはニュースについて、「トルコのメディアにおけるPKKに対するプロパガンダ闘争の一部だ」と述べた。

アナドル通信は、シリアで反政府闘争をしているテル・ハミス旅団のハリド・エル=ハセカヴィ報道担当が7月9日に起こったとした情報に基づいて、フェフマン・ヒュセインがシリアで殺されたと報道していた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐藤彩乃)
(記事ID:40859)