オリンピック、男子レスリングで金メダル
2016年08月21日付 Cumhuriyet紙

タハ・アクギュルがレスリングのフリースタイル125キロ級で、イランのコメイル・ガセミ選手を破り、オリンピックのチャンピオンとなった。

タハ・アクギュルがフリースタイル・レスリングでオリンピックのチャンピオンとなり、トルコへリオオリンピック最初の金メダルをもたらした。

125キロ級決勝戦で、イランのコメイル・ガセミに3-1で勝利したタハ・アクギュルは、リオオリンピックでトルコ勢初の金メダリストとなった。

世界チャンピオンとなったタハ・アクギュルは以前、世界レスリング協会によって、フリースタイル125キロ級における世界最優秀選手に選ばれている。

会場入りしているタハ選手の父親は試合中、「私は息子のそばにいる」というプラカードを掲げた。タハ・アクギュルは表彰式の後、「母と父が会場にいました。勝たなければ、何よりも2人に対して面目が立ちません。このメダルを7月15日以来、困難な日々を経験している我が国へ捧げます」と述べた。

表彰式の後、ビナリ・ユルドゥルム首相は、タハ・アクギュル選手を電話で祝福した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:粕川葵)
(記事ID:41088)