特殊部隊、シリア領に入る
2016年08月24日付 Hurriyet紙

シリアのジャラーブルス市おけるイスラム国の分子を一掃する目的でトルコが国連の支援を得て軍事作戦を開始し、特殊部隊と戦車がシリアに入った。オービス搭載ロケットを発射し、戦車の砲撃が撃ち込まれている地域をトルコの戦闘機も攻撃した。自由シリア軍はこの援護によってイスラム 国の手中にあるジャラーブラス市を12時間で包囲した。さて、この12時間のジャラーブラス作戦を分単位で遡っていく。

16:00 トルコの砲兵と航空支援でジャラーブラス市の西側からシリアへ入った自由シリア軍は、作戦が開始されてから12時間で周辺の村をイスラム国から奪い、ジャラーブルス市を包囲した。

15:38 自由シリア軍がジャラーブルス市の中心地に入ったという主張は現時点で公式に認められたものではない。

15:19 共和人民党から初めての反応:「政府も、全面的戦争を仕掛けたのではない。もう一度はっきりと呼びかける。ただジャラーブルス市だけではんく、国土でも戦闘をするよう求める。」

15:07 「ユーフラテスの盾」作戦で負傷した自由シリア軍のメンバーをトルコへ輸送する。

14:35 「ユーフラテスの盾」作戦が続く中、シリア情勢に直接関係する二人の要人がアンカラに来ていた。アメリカ副大統領のジョー・バイデン氏とイラクのクルド人地域政府議長メスード・バルザーニ氏である。

14:22 シリア国境からおよそ3キロメートル離れたケクリジェ村に次いで3つの村をイスラム国から奪った。

14:01 イスタンブルにある部隊から調達した14台のレオパルド2A4戦車が、コジャエリ県のカルテぺ郡からガジアンテプへ送るために貨物列車に積まれた。

13:22 軍からの情報によれば、自由シリア軍のメンバーは、「ユーフラテスの盾」作戦の中でシリア国境から約3キロメートル内側にあるケクリジェ村を手に入れた。

13:05 少しの間静寂が続いた国境でまた大きな爆発音が聞こえた。ジャラーブルス市に向けて再び砲撃が始まった。

12:21 外務大臣のメヴリュト・チャブシュオール氏は、作戦を批判する民主統一党(PYD)党首のサリフ・ミュスリム氏へ返答した。「泥沼について言及する。あなたはここでトルコが何をするのかではなく、あなたにどんなことが生じるかを考える必要がある。トルコの狙いは泥沼をなくすことである。あなたのスパイがこれならあなたも恐れるでしょう。」

12:04 国境を越えたトルコ国軍のタンカーを自由シリア軍の部隊が出迎えた。この人々の腕に付けられた「赤」や「青」のバンドが注意を引いた。

11:45 カルカムシュ郡の反対側のシリア側で爆発が起きた。その地域の本紙の特派員、フェブジ・クズルコユン氏に話した地元関係者の情報によれば、ソーシャルメディアのイスラム国が爆発物を乗せた車を爆破させたという主張は根拠がない…。地域ではトルコ側からの砲撃や空撃が続いている。以下はクズルコユン氏のカメラからのこの爆発の様子である。

11:35 エルドアン大統領:「今朝4時にシリア北側で絶えず我が国を脅かすテログループに対して、我々の軍の治安部隊が作戦を始めた。国は疑いなく名誉、誇りとともに存在している。国は独立戦争を信じることで存在している。現在、悲しいことに、シリアから我々の国へ、ガジアンテプ・キリスといった地域に向けて起きた攻撃はことをある場所にまで持ち込んだ。もはや最後だと述べた、このことをここで終わらせることが必要であり、今朝4時からプロセスが始まった。我々を脅かすイスラム国や民主統一党に対して作戦が始まった。」

11:20 シリア側から発射された2つのミサイルはカルカムシュの空き地に落下した。

11:07 本紙の特派員であるウール・エルガン氏の情報によれば、トルコ国軍に属する戦車が11時7分にシリアに入った。戦車はイスラム国を狙って攻撃した。

11:05 シリア反政府側の分子がジャラーブルス市に進み始めたことが確認された。

10:50 トルコ側によって放たれた砲撃が再び激しくなった。

10:25 本紙のフェブジ・クズルコユン氏は、カルカムシュの国境地域にいる……。国境のシリア側から煙が立ち上っている。クズルコユン記者は、「空撃は間隔を開けて続いている」と言った。「ユーフラテスの盾」作戦でジャラーブルスの後、イスラム国の手中にあるマレまで延びる70kmのラインが掃討されると予想されている。

10:19 ロイター通信によれば、アメリカの高官の一人が、アメリカが作戦を空から支援することや、空から防衛をすること、計画の点でトルコとともに取り組むと語った。

10:16 この時までに砲撃とロケットの発射で81の目標に294発の攻撃を行った。攻撃は続いている。

10:06 内務大臣のエフカン・アラ氏は生放送で話をした:「トルコはテロと戦闘状態です。問題はトルコに対する明らかな危険です。傍観してはいられません。カルカムシュの住民は安全な地域へ連れていきました。」

09:47 作戦名発表:「ユーフラテスの盾」

09:43 軍事作戦は7月15日のクーデターの運命を変えた特別軍司令官ゼカイ・アクサカル氏が指揮している。

09:35 PYDの党首サリフ・ミュスリム氏が反発を示した。「トルコはシリアの泥沼で多くのものを失うだろう」とツイートした。

09:20 ジャラーブルスから発射されたミサイルがカルカムシュの中心地の空き地に落ちた。

09:05 軍の情報によれば、砲撃で70の目標へ「全て命中」した。

08:36 DHAの生放送で、トルコの戦車が国境にさらに近づいたことが分かる。行軍の準備作業が終わりに近づいている。

08:07 ロイター通信によれば、国境にあるトルコの戦車も攻撃を始めた。

07:50 軍の情報によれば、12の目標のうち11を命中させた。

キリスから見た際ジャラーブルスとその周辺は、本紙の360度カメラで次のように見られる。(カメラを好きな方へ向けられます。)

07:48 DHAによれば、戦車群が国境に着いた。

07:25 軍事行動のためにガジアンテプのいくつかの地域が特別治安地域であることが発表された。

07:15 ロイター通信は、匿名のトルコ関係者からの情報に基づいて、トルコ国軍の特殊部隊の一部がシリアに入ったと主張するが、軍は進行準備作業を続いており、また陸上作戦がまだ始まっていないと明らかにした。

06:30 ジャラーブルスは再びトルコ国軍によって空撃を受けている。

06:10 トルコのF-16はまた空撃を実行した。
 
06:08 トルコは2015年11月24日にロシア戦闘機を撃ち落として以来初めてシリアでの空撃を実行した。特別軍の指示した目標を攻撃した。

05:55 特別軍がトルコで……

05:45 戦車隊と多連装ロケット砲は攻撃を終えた。この時までに63の目標に224回の砲撃を行った。

04:05 ジャラーブルスとガジアンテプのカルカムシュ郡を国境と鉄道線路のみが分けている。トルコ国軍は、国境で以前に明らかにした地点から通過するために工作機械を使い始めた。

04:00 トルコ国軍に属する砲兵のオービスと多連装ロケット砲の砲撃がジャラーブルスを攻撃し始めた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐藤彩乃)
(記事ID:41101)