リオ・パラリンピック3つめの金メダル、女子ゴールボールで金
2016年09月18日付 Milliyet紙


リオパラリンピックで中国を4-1で破り、トルコが優勝した。パワーリフティングでナズミイェ・ムスル選手が、卓球でアブドゥッラー・オズチュルク選手が手にした優勝に続き、トルコに3つ目の金メダルがもたらされた。

2016年のリオパラリンピックのゴールボール種目で、トルコは3つ目の金メダルを獲得した。女子チームは、ブラジルのリオデジャネイロにあるフューチャーアリーナで行われた決勝戦で中国と対戦。極東の国を4-1で破ったトルコが金メダルを手に入れた。

中国を相手に終始優位に試合を進めたトルコは、試合終了時にも勝者の側にいた。セヴダ・アルトゥノルク選手は3回のゴールを決めて勝利に重要な役割を果たした。トルコは、この勝利でパラリンピック3つ目の金メダルを獲得したことになる。トルコ選手団は、全体で銀メダル1個、銅メダル5個も得ている。

前回、2012年のロンドンオリンピックでも、ゴールボール男子チームが3位となり銅メダルを獲得した。

またトルコは、昨日17日の試合をもって全試合を完了した。大会最終日の今日18日は、ウィルチェアーラグビーと陸上競技の試合が行われるのみである。トルコ勢でこれらの競技に出場する選手はいない。

9月7日にマラカナンスタジアムで行われた開会式で始まった熱戦は、今晩、同会場で行われる閉会式をもって正式に終了する。

■大臣から祝福

現地で観戦していたアーキフ・チャアタイ・クルチ青年スポーツ相は、試合終了後に金メダルを獲得したゴールボール女子チームを祝福した。クルチ大臣は、「トルコ選手団は、2016年リオパラリンピックでも素晴らしい結果を収めました。我が国の国旗を揚げた選手たちにお祝いを申し上げる。また、2016年リオパラリンピックに出場した全選手を祝福し、スポーツ選手としての成功を願います」と述べた。

■7戦7勝

トルコ女子チームは、ブラジルのリオデジャネイロで行われた7試合の全てに勝利し、無敗のままチャンピオンとなった。選手たちは、トルコへパラリンピック史上初の団体競技の金メダルをもたらした。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:粕川葵)
(記事ID:41261)