サッカーワールドカップ予選成績不振組は?
2016年10月14日付 Cumhuriyet紙


トルコ代表は、2018年ワールドカップ欧州予選で自身同様4位だった同位のチームの中で最下位となった。チームのコストは1億5200万ユーロだが、グループ予選の3戦で上げたのはわずか2点だった。2500万ユーロ規模で4点を獲ったフェロー諸島ですら我々を追い抜いた。

2018年にロシアで行われるワールドカップの予選試合は3週間の試合期間を終えた。グループ戦で4位となり、同位チームとの対戦での得点数を見ると、トルコチームは最下位に終わった…。
ファーティフ・テリム監督とアルダ・トゥラン選手の諍いがここ数週間話題になっていたトルコ代表は、グループ予選で4位だった各チームの中でも最低の結果だった。

■我々は何をし、彼らは何をしたのか

4位チームの中でも、モンテネグロのこの3週間のパフォーマンスやプレイには目を瞠るものがあった。モンテネグロは2勝1引き分けで7得点、グループEのトップだ。

・ブルガリア:1勝2敗、3得点、グループAの4位
・フェロー諸島:1勝1敗1引き分け、4得点、グループBの4位
・ノルウェー:1勝2敗、3得点、グループCの4位
・アイルランド共和国:2勝1引き分け、7得点、グループDの2位
・スロヴァキア:1勝2敗、3得点、グループFの5位
・イスラエル: 2勝1敗、6得点、グループGの4位
・エストニア:1勝2敗、3得点、グループHの4位
・そしてトルコは…1敗2引き分け、2得点でグループIの4位となり、グループ予選4位のチーム対戦では、この3週間で2得点と最低レベルだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:貝瀬雅典)
(記事ID:41419)