ボスフォラス海峡を歩いて渡る?―歩道橋計画
2016年12月28日付 Hurriyet紙


イスタンブルの二つの大陸を6番目に結ぶことになるウスキュダル―カバタシュ間2キロの長さの歩道と自転車専用道路の「イスタンブルボスポラス海峡歩道トンネル」のための掘削作業が始まった。

この計画は、カーディル・トプバシュイスタンブル広域市市長(İBB)の選挙後の公約の一つだった。İBBの会社のひとつボスフォラス建設諮問会社(BİMTAŞ)が、「請負事業カバタシュ-ウスキュダル間のボスポラス海峡歩道トンネル、水陸掘削工事事業」の名の元で行った入札を、アンカラが本部のエンヴィー・エネルギーと環境投資株式会社は750万リラで受注した。

12月13日に契約書にサインをした同社は、工事を2017年5月12日までに完成させる予定だ。エンヴィー・エネルギー社の「A」グループの株を、今年6月に全てフランスの会社アスシステムSAが買収していた。「B」グループの株のほとんどはオスマン・セルチュク・ヤフシが有している。カーディル・トプバシュ市長は2019年の3期目終了までに実現させるよう計画し、海底20メートルの2階構造の歩道トンネルの上階は歩道、自転車が通れるようになる。下階ではタイヤ型の電気自動車車両が旅客を運ぶ予定である。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:内山千尋)
(記事ID:41856)