薬物依存症患者は来年より戸別に身元確認される
2016年12月28日付 Jam-e Jam紙


 イラン福祉庁依存症予防及び治療促進センターのマジード・レザーザーデ所長(兼同庁予防次官)は、次のように述べた。「来年より薬物依存症患者の身元確認を戸別で行う計画が実施される。」

 本紙によれば、レザーザーデ氏はイラン学生通信(ISNA)の取材に応じて以下のように述べている。「薬物依存症予防分野において、福祉庁は予防、治療、治療後の支援の3段階のケアを実施している。」

 彼はさらに、薬物依存症予防分野において国内でアトラクチャンネル(ラジオ局)の枠を軸に5000のコミュニティ団体が活動していることに触れ、以下のように述べた。「地区のコミュニティ団体では啓発や啓蒙を中心に実施しており、地域エンパワーメント[地域内の人々の結びつきの活性化]計画の実行は、この方針を軸としてきた。」

 彼は続けて、「1150の中期受け入れ施設、1170の薬物依存症治療基礎計画、140のハームリダクションセンター、45の夜間シェルター、250のパトロールチームも、国内で活動を行っている」と述べた。

 また彼は同庁予防次官として「身体障害分野の予防措置は、次の3つを軸とする。つまり、婚姻以前の一般への広報・告知、新生児期や4~6歳期に行われる聴覚障害診断や3~6歳児を対象とした視覚障害診断のようなスクリーニング検査、婚姻前の遺伝子検査の実施である」と述べた。

 レザーザーデ氏は、「来年度の身体障害予防部門の予算は増加しているが、社会損害の分野については現在審議中であり、具体的な予算が決定するまで数字を明かすことはできない」と述べた。

 また「予防対策において最も重要なことは、第6次開発計画において障害を持つ子供たちがより少なく生まれるように、婚姻前の遺伝子スクリーニング検査を義務化することだ」と述べている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:YF)
(記事ID:41928)