イスタンブル・ノスタルジック市電、6か月運休
2017年01月19日付 Hurriyet紙


イスタンブルのタクスィムで運行していたノスタルジックトラムはインフラ工事のため6ヶ月間運休となる。運休後イスティクラル通りの車両交通はあたかもE-5自動車専用のようになった。

タクスィムでイスティクラル通りに彩りを添え、特に観光客が興味を示すノスタルジックトラムは、インフラ工事のため6ヶ月間運休となる。工事のため、タクスィム 広場のトラム乗り場には「イスティクラル通りのインフラ工事のため明日からノスタルジックトラムは運行いたしません。このルートを使われるお客様はイスタンブル地下鉄をご利用ください。ご理解の程よろしくお願い致します」とトルコ語と英語で書かれたバナーが吊るされた。運休後トラム線のガラタサライ広場の部分で工事が始められた。

▪イスティクラル通り、E-5自動車専用道路のよう

一方この工事のため午前10時まで車両通行可能となっているイスティクラル通りでは時々交通の流れが止まった。あたかもE-5自動車専用のようになった通りにドライバーたちは反発を示している。通りの途中で渋滞にあったドライバーは「トラムが運休になったらしいが、ガラタサライ広場でも工事があるために渋滞が続いている。6ヶ月間もだなんて最悪だ」と話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:奥村 茜)
(記事ID:42001)