新生空軍学校、教育始まる
2017年01月29日付 Hurriyet紙


クーデター未遂の後、様々な大学から200人の学生が、厳格な審査を経て空軍学校に転籍という形で受け入れられる中、教育が始まった。

フェトフッラー系テロ組織による7月15日のクーデター未遂後に開始されたもろもろの調査で、空軍学校の学生もクーデター未遂に参加し、一部のものは(フェトフッラー系)組織との繋がりがあったという理由で、学校から追放された。空軍学校所属者についてアンカラでもイスタンブルでも裁判が起こされた。新たな学生を得るために制度が整えられた後、諸々の大学の2年生と3年生から空軍学校に「転籍」する権利が与えられた。

■2月13日に宣誓式

この制度で4500人が空軍学校への入学を申請した。審査の後、200人の学生が空軍学校へ受け入れられた。精神運動、性格、健康、学生選抜飛行(単独飛行)、面接の試験を経て、学生たちは教育課程を開始した。教育を受けた学生たちは、2月13日の宣誓式をもって軍学校の所属となる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:粕川葵)
(記事ID:42072)