日本、アフガニスタンへ102文化財返還
2017年02月17日付 Cumhuriyet紙


アフガニスタンでの戦争中に、違法なルートで日本へ持ち出された102点の歴史遺産が、今日2月17日に執り行われた式典で返還された。

アフガニスタンにおける内戦時代に、違法なルートで日本へ流出し、東京藝術大学の元学長である平山郁夫教授によって収集され、東京や九州の博物館や美術館に展示されていた102点の歴史遺産が、今日2月17日に執り行われた式典でアフガニスタンに返還された。

■平山郁夫の遺族が勲章を受け取る

遺産を収集し保存した平山郁夫教授は、アフガニスタン政府によってサイード・ジャマルディーン勲章にふさわしいと評価された。仏像や象牙の像、硬貨、絵画から成る遺産群の返還のため、首都カーブルの国立博物館で執り行われた式典で、勲章が故平山郁夫教授の家族へと渡された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:粕川葵)
(記事ID:42176)