2017大学入試プロセス、スタート
2017年03月12日付 Cumhuriyet紙


226万5902人の志願者の長いマラソンが今日始まる。試験の結果は3月28日に発表される予定だ。学部決定試験(LYS)の期間は6月になる。

226万5902人の大学志願者が受験する大学入試一次試験(YGS)が今日行われる。10時に開始される試験は160分間続く。志願者には、トルコ語・ 基礎数学・自然科学・社会科学それぞれ40問からなる160問が問われる。YGSの6つの得点方式のいずれかで150点を超えた志願者は短期大学や通信制大学へ出願する権利を得る。180点を超えた志願者は、4年制大学課程へ入るための学部決定試験(LYS)へ進む。一方、大学入試センター(ÖSYM)によって実施される「穴埋め式試験」はYGSでは行われない。結果は3月28日に発表される予定だ。

■遅くとも9時45分

志願者は試験開始の遅くとも15分前、すなわち9時45分までに試験会場にいなければならない。志願者は、ÖSYMが志願者手続システム(AİS)から得た受験カードを必ず所持していなければならない。新たなICチップ付き身分証明カードを申請したがまだ手元に届いていない志願者は、旧身分証明カードで受験することができる。

■人口局が開局

身分証明書がない、あるいはトルコ共和国個人番号、写真、エンボス印がないことで受付がなされなかった者のために、県や郡の人口局が7時から9時45分までの間、開局する。イスタンブルでは教員と生徒の公共交通機関の利用が無料になる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:粕川葵)
(記事ID:42287)