小学校で戦場・戦死者劇!
2017年03月23日付 Cumhuriyet紙


イスタンブル・バアジュラルで小学生が劇中で戦わされ、殉死させられ、棺桶には顔写真が貼られた。

イスタンブル・バアジュラルのワリ・ジャヒット・バヤル小学校はチャナッカレ戦争から102年ということで2年生が演じる劇を準備していた。ポスタ新聞の記事によると、劇では7〜8歳の生徒らが軍服を着て戦ったという。子供たちの中には劇中で殉死する者もいた。

■「大変不快である」

舞台に置かれた大道具の棺桶の側面には生徒の顔写真が貼られ、女生徒らは棺桶の傍らで泣く演技をした。

■専門家、反発

専門家らは映像を見て「戦争や死といった概念はこの年齢にはトラウマになる。我々は各家庭に『子供たちにおもちゃの武器であっても買い与えないでください』と言っている。先生たちはこれにどうして許可を与えたのか?」と反発を示した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:奥村 茜)
(記事ID:42342)