9万人、公務員新雇用
2017年04月06日付 Hurriyet紙


公務員に9万人の採用という朗報は何千人もの国民によって熱烈に歓迎された。トルコ全体で局及び中央の職員への採用を実施する公的機関は、職員採用数を徐々に公開し始めた。では保険、安全、教育部門において行われる採用は、いつ実施されるのか?以下が公的機関への9万人の職員採用への応募についての詳細な情報である。

公務員に9万人の採用がいつ実施されるか、何千人もの国民が関心を持つ話題の一つとなっている。国民に対し、公的機関に事務員、作業員、他の公的職員を含む3つの身分で9万人採用されることが告知された。今年末まで続く採用募集はいつ実施されるのか?どの機関に何名採用されるのか?以下がそのデータである。

公的機関に事務員、作業委員、その他の公的職員を始めとして3つの身分で約9万人の採用が行われる。公的機関は3月に採用を開始し、初等教育、高校、准学士号、学士号卒業者、公務員試験(KPSS)必須及びKPSS不要で募集を行っている。省庁は職員募集定員を財務省に報告した。採用募集の大部分は4Bクラスで契約職員として雇用される運びとなろう。財務省は、教育、法務、保健を始めとした緊急の需要を考慮に入れ、職員採用を承認し始めた。

今年末まで続く採用では保険、警察、教育、法務が主だっている。国家人事庁は新規採用に関する採用定員を発表し、より包括的な中央職員採用に関しては、6月に実施される。財務省の採用承認を受けて契約採用が実施される。

組織が必要としている又は採用する人数は以下の通り。

教育部門のデータ:国民教育省は2万人以上の契約教員採用において面接期間が始まった。同省はこれらとともに1500人の障碍者の教員と追加採用で1300人以上の教師を採用する

1万人を警察は採用:警察アカデミー庁は、1万人の警察官候補採用のために告知を行った。学士号取得者及びKPSSで最低60点が要件となっている。応募は4月14日に締め切られる。

寄宿舎に契約公務員:貸与金・寄宿舎協会に1000人以上の契約公務員が任命される。応募は4月14日まで続く予定である。

家族庁にコンサルタント:家族庁に1500人のコンサルタントと指導官が配属される。県支部によって採用告知が公布され、KPSSで最低60点が条件となっている。応募は4月の6日から13日の間で、試験は6月3日に行われる。

裁判官―検事採用も続く:法務省は2000人の司法裁判官、検事候補とともに750人の弁護士職からも裁判官、検事候補を採用する。

2万4000人の上等兵、兵卒を採用:陸軍司令本部は1万1000人の専門上等兵、1万3000人の契約兵卒を含む2万4000人を採用する。専門上等兵採用は最低でも高卒、契約兵卒採用では最低初等教育卒業者が応募できる。軍警察総司令部には2650名が配属される。

■国税庁に2000名が任命

採用人事で歳入庁は2000人の所得専門家補佐を採用する。候補者は4月の10日-28日の間で応募をインターネットからオンラインで行える。同庁に入るためにはKPSSで最低70点が条件となっている。

■1万2500人の保健省職員が必要

保健省は2か月間で1万2500人を採用する。高等教育機構は4000人の正規職員枠に教育者、研究員、学者の採用を行う。交通省、人口・国籍総局も約2500人の職員を採用する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:市野太音 )
(記事ID:42424)