トルコの主要ヘーゼルナッツメーカー、イタリア社に売却される
2017年04月06日付 Hurriyet紙


チョコレートメーカーのフェレロは、2014年に完全に買収したオルタン食品の名前を「フェレロ・ヘーゼルナッツ貿易株式会社」に変更した。

世界でも主要なチョコレートブランドメーカーのフェレロは、トルコでのヘーゼルナッツ部門の開発への投資継続という、契約の第二段階に入ったと発表した。

これにおいて、二年間続いた連携と、分野で得た経験の結果、ステファノ・ガリアッソ氏がフェレロ・ヘーゼルナッツ社社長に任命されたことが分かった。また、フェレロ・ヘーゼルナッツ社に新しい役員組織もつくられた。

本社をトラブゾンにおくフェレロ・ヘーゼルナッツ社は、イスタンブルにある事業所、デュズジェ、トラブゾン、イズミトにある工場と、合計1400人の従業員とともに営業を続けていく。フェレロ・ヘーゼルナッツ社のステファノ・ガリアッソ社長は、「ヘーゼルナッツは、私たちの商品の中心にあり、それらを独自に、世界規模で提供するうえで極めて重要な原材料だ。フェレロ・ヘーゼルナッツ社にいるトルコ人職員と従業員の貴重な支援によって、農家と流通経路におけるすべてのパートナーと密接な連携を維持し、トルコの農業分野におけるアクターに、高品質のヘーゼルナッツを生産するために必要な最新の生産技術と安心を提供することにおける支援を続ける」と述べた。

フェレロ・ヘーゼルナッツ社は、トルコですでにエルシン・アルソイ氏主導のもと適用された「フェレロの貴重な農業(FFV)」という計画を続け、ヘーゼルナッツ分野で品質や収穫量を増加させるための取り組みを継続すると述べた。また、「フェレロの貴重な農業」計画と農業分野における知識と経験の増大、農村部の開発を保証し、農業法人化への移行に焦点を当てる際、社会的責任の適用に対しても支援していく」ことを述べた。

■5億ドルの売上高

1984年にトラブゾンで創立されたオルタン食品は、製品をイタリア、イギリス、フランス、ドイツをはじめとする全ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本、中国、オーストラリア、南アフリカ、エジプトのような外国にも輸出している。世界で大量のヘーゼルナッツを購入する全チョコレート会社の供給者であるオルタン食品は、トルコ全土で合計五つのヘーゼルナッツ工場(トラブゾンに二つ、ドゥズジェに二つ、オルドゥに一つ)、二つの国内ヘーゼルナッツ分別場(トラブゾンに一つ、ドゥズジェに一つ)とトラブゾンにヘーゼルナッツ工場を所持している。

企業のヘーゼルナッツ合計収容量は、一万トン、年間の合計売上高は5億ドルにも及ぶ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:庄原茉美)
(記事ID:42428)