ハタイに墜落のシリア空軍機長、逮捕
2017年04月07日付 Cumhuriyet紙


シリア国境に近いハタイで墜落したシリア空軍機MIG21型戦闘機のパイロット、メフメト・スフハン少佐が逮捕された。

情報筋によると、2017年3月4日土曜日、ハタイ県ヤイラジュク地区の農地に墜落したシリア空軍機MIG21型戦闘機のパイロット、メフメト・スフハン(56)少佐が手術を受けているハタイ国立病院で約1ヵ月間の治療期間を終えた。
同少佐は、ハタイ共和国検察により「国境侵犯及びスパイ活動」を行った理由で訴追されており、治療後逮捕され、ハタイ刑務所に移送された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山根卓朗)
(記事ID:42433)