シリア:シリア軍は米国によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯への巡航ミサイルでの攻撃への報復として「米国のパートナーによるテロを掃討する」と発表
2017年04月08日付 その他紙


■米主導の有志連合はダイル・ザウル市西部郊外でダーイシュに対する空挺作戦を敢行(2017年4月6日)
ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(4月7日付)によると、米主導の有志連合がティブニー町東部のイザーア丘近郊で空挺作戦を実施し、同地にあるダーイシュ(イスラーム国)の武器弾薬庫、拘置施設を攻撃した。
http://syriaarabspring.info/?p=36621

■クナイトラ県北部で反体制武装集団どうしが交戦(2017年4月6日)
クナイトラ県では、クッルナー・シュラカー(4月7日付)によると、県北部のブライカ村でアンサール・シャーム戦線に所属する武装集団と、シリア革命家戦線に所属する武装集団が交戦した。
http://syriaarabspring.info/?p=36224

■米主導の有志連合は4月5日、ラッカ市近郊、タブカ市近郊を中心に14回の空爆を実施(2017年4月7日)
米中央軍(CENTCOM)は、4月5日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36226

■米国防総省はヒムス県シャイーラート航空基地一帯をミサイル攻撃し、シリア政府の化学兵器の生産能力を低下させたと発表、また攻撃直前にロシア側に作戦実施を通告したと主張(2017年4月7日)
米国防総省のジェフ・デーヴィス報道官は声明を出し、東部時間8時40分、シリア領内の航空基地に対して巡航ミサイルで攻撃を行ったと発表した。 攻撃は、4月4日のイドリブ県ハーン・シャイフーン市でのシリア軍による化学兵器使用に .
http://syriaarabspring.info/?p=36228

■マックマスター国家安全保障問題担当米大統領補佐官「ミサイル攻撃はトランプ大統領に示した三つの選択肢のなかで「もっとも強力でないもの」」(2017年4月7日)
ドナルド・トランプ大統領は6日(米時間)、記者会見を行い、4日のイドリブ県ハーン・シャイフーン市での化学兵器によると思われる攻撃への対抗措置として、米軍がヒムス県南東部にあるシリア軍のシャイーラート航空基地一帯をトマホー ... Read
http://syriaarabspring.info/?p=36244

■シリア軍武装部隊総司令部「米国のミサイル攻撃への報復として、米国のパートナーによるテロを掃討する」(2017年4月7日)
シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、7日午前3時42分、米軍がトマホーク巡航ミサイルで、ヒムス県南東部のシャイーラート航空基地一帯に対して攻撃を加え、6人が死亡、多数が負傷し、甚大な物的被害が生じたと発表した。 声明で ...
http://syriaarabspring.info/?p=36246

■米軍のヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃で民間人9人を含む15人が死亡(2017年4月7日)
SANA(4月7日付)は、米軍がヒムス県シャイーラート航空基地一帯を攻撃するために発射したトマホーク巡航ミサイルのうち2発が、同基地に隣接するシャイーラート村の中心部に着弾し、子供3人を含む民間人5人が死亡し、民家複数棟 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36248

■シリア大統領府は米軍によるミサイル攻撃を「軽率で無責任な行動以外の何ものでもなく、近視眼、視野の狭さ、政治・軍事的現実に対する盲目以外の何ものも反映していない」と非難(2017年4月7日)
大統領府はフェイスブックを通じて声明を出し、米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地に対するミサイル攻撃を「軽率で無責任な行動以外の何ものでもなく、近視眼、視野の狭さ、政治・軍事的現実に対する盲目以外の何ものも反映してい ...
http://syriaarabspring.info/?p=36250

■ロシアのプーチン大統領「米軍によるイラク空爆での民間人の犠牲から注意をそらす行為」(2017年4月7日)
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ヴラジミール・プーチン大統領を議長とする国家安全保障会議を招集し、米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃への対応を協議したと発表した。 ペスコフ報道官に ...
http://syriaarabspring.info/?p=36252

■ロシアのラヴロフ外相「米国によるシリアへのミサイル攻撃はヌスラ戦線の存在から注意をそらすため」(2017年4月7日)
ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、訪問中のウズベキスタンの首都タシュケントで、米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃に関して記者団に「米国は、ヌスラ戦線(現シャーム解放委員会)を依然として(和平 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36254

■ロシア国防省はシリア領空での偶発的な衝突を回避するために米・ロシア軍の間で2015年末に解説されたホットラインの使用を4月8日付で中止すると発表(2017年4月7日)
ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は声明を出し、シリア領空での偶発的な衝突を回避するために米・ロシア軍の間で2015年末に解説されたホットラインの使用を4月8日付で中止すると発表した。 コネシェンコフ報道官は ...
http://syriaarabspring.info/?p=36256

■国連安保理緊急会合:ムンズィル国連シリア副代表は米軍のミサイル攻撃を「米国をダーイシュ、ヌスラ戦線などのテロ組織のパートナーとする行為」と非難、西側各国は攻撃支持、ロシア、ボリビアは反対(2017年4月7日)
国連安保理は、米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃を受け、事態への対応を協議するための緊急会合が開催された。 会合はロシアとボリビアの要請によって開催された。 会合でムンズィル・ムンズィル国連シリ ...
http://syriaarabspring.info/?p=36258

■ホワイト・ヘルメットのサーリフ代表「我々はシリア軍が化学兵器を使用した証拠を持っていて、国連安保理に提出する用意がある」(2017年4月7日)
ホワイト・ヘルメット(民間防衛隊)のラーイド・サーリフ代表は、イドリブ県ハーン・シャイフーン市で化学兵器が使用されたとされる事件(4日)に関して、化学兵器自身のツイッター( ...
http://syriaarabspring.info/?p=36260

■シリア・ロシア両軍はイドリブ県、ダルアー県、ダマスカス郊外県の反体制武装集団支配地域を空爆(2017年4月7日)
イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(4月7日付)によると、ロシア軍戦闘機がハーン・シャイフーン市に隣接するヒーシュ村を空爆し、9人が死亡した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36262

■クッルナー・シュラカーは首都ダマスカス東部での戦闘でシリア軍が塩素ガスを使用したと報道(2017年4月7日)
クッルナー・シュラカー(4月7日付)は、ダマスカス県カーブーン区でのシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団との戦闘で、シリア軍が塩素ガスを装填した手榴弾を使用し、1人が死亡したと伝えた。
http://syriaarabspring.info/?p=36264

■YPG主導のシリア民主軍はハサカ県、ラッカ県でダーイシュと交戦(2017年4月7日)
ハサカ県では、ARA News(4月7日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がシャッダーディー市近郊で西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍の拠点複数カ所を攻撃した。 ** ラッカ県では、ARA ...
http://syriaarabspring.info/?p=3626

■「自由シリア軍」を名乗る組織、シリア国民連合は米軍によるミサイル攻撃を支持、さらなる攻撃に期待(2017年4月7日)
「自由シリア軍」を名乗る集団が声明を出し、米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃に関して、「テロ、暴力、犯罪との対決、公正且つ平和的な解決に向けた正しい起点」と評価、「我々は米国の責務が依然として大 ...
http://syriaarabspring.info/?p=36268

■トルコのエルドーアン大統領「ヒムス県シャイーラート航空基地一帯への米軍のミサイル攻撃だけで充分なのか?」(2017年4月7日)
トルコのレジェップ・タイイプ・エルドーアン大統領は、ハタイ県で、米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃について「アサド政権の犯罪に対する積極的で具体的な措置だと見ている」としたうえで、「これで充分な ...
http://syriaarabspring.info/?p=36270

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:42435)