私立大学、学費値上げラッシュ
2017年04月07日付 Cumhuriyet紙

コチ大学で医学部を志望する学生は年に87,600リラ(1リラ=約30円)必要になる。

私立大学は2017~2018年の学費を公開し始めた。コチ大学では、医学部を除く全ての学部で学費が年間63,400TLになるとし、医学部については、専攻する学生は年間87,600TLを用意する必要があると発表した。大学の昨年の学費は、医学を除く学部で55,000TL、医学部では76,000TLであった。大学では、100%、50%、25%そして殉職者の子弟のための奨学金を含む、4種類の奨学金の選択肢がある。

■ビルケント大学は33,200TL

他に翌年の学費を公開した大学であるビルケント大学は、全ての学部で年間の学費が33,200TLであった。大学が去年発表した学費は30,400TLであった。大学は、試験の点数によって50%もしくは全額の奨学金を選べるようにしている。大学から得た情報によれば、登録されている学生の65%は奨学生として教育を受け続けるという。

バフチェヒル大学については、学費が最も高額な学部は62,050TLの医学部であった。コミュニケーション教育学部の新しい学費は39,050TLと知らされた。大学は、学生に試験の成果に応じて、100%、50%、25%の奨学生として3種類の奨学金を提供している。また、大学入試センター(ÖSYM)試験で最初の100人、また101人から1000人の間に入った学生についても異なった奨学金を選べるようにしている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐藤彩乃)
(記事ID:42440)