プーチン大統領、エルドアンを電話で祝福
2017年04月18日付 Hurriyet紙


ロシアのプーチン大統領は、エルドアン大統領に電話し、4月16日の国民投票の結果を祝福した。

ロシアのウラジミル・プーチン大統領は、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領に電話し、4月16日の国民投票の結果を祝福した。

大統領府からの発表によると、ロシアのプーチン大統領は、今晩(4月18日)、エルドアン大統領に電話をした。プーチン大統領は、憲法改正の国民投票で「イエス」票が勝利を収めたことについて、エルドアン大統領を祝福した。電話では、2国間の関係の正常化に向けた努力を加速すると同時に、シリアでの停戦の確保に向け、共に対処する重要性が強調された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大嶽真梨子)
(記事ID:42517)