風刺漫画紙ペンギン、残り4号で廃刊へ
2017年04月22日付 Hurriyet紙


トルコで最も購読された風刺漫画誌の一つであるペンギンが、残り4誌で廃刊すると公表した。廃刊の理由は、財政問題である。

週刊レマン誌から独立したメティン・ウストゥンダー氏とバハルディル・バルテル氏、セルチュク・エルデム氏、エルディル・ヤシャルオール氏とその友人により2002年9月に設立され、創刊号は2002年9月25日に出版されたペンギンが廃刊する。

ペンギンは、ツイッターアカウントから残り4誌で廃刊することを公表した。廃刊の理由は財政問題であることを明らかにした。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:42539)