AKP、アタテュルクの母、養女に関し発言注意
2017年05月11日付 Hurriyet紙

公正発展党(AKP)執行部から組織に対し、アタテュルクと、その母と養女に関して重要な警告がなされた。

AKP地方組織担当のエロール・カヤ副党首は、アタテュルクと彼の家族を侮辱するAKP[が首長を担う]一部自治体のイベントに招待されたことに触れられた際に、次のように述べた。

「アタテュルクに対するこうした表現は、決して受け入れられない。この表現が、そしてこの表現を用いた人々が、我々の政党に帰されるということは正しくない。

我々のこの問題に関する考え、政治方針は、明確である。我々の政治方針を、我々の党首、首相、政党そして政府のスポークスマンが表現した。これは、我々全組織が注意を払うべき問題である。我が党の政治方針を無視する人々を、今後、我々が考慮する。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:関口夏海)
(記事ID:42643)