不審なトルコ人乗客を乗せた旅客機、緊急着陸―アメリカ
2017年05月20日付 Cumhuriyet紙


ロサンジェルス国際空港を離陸した航空機に搭乗していたトルコ人旅客アヌル・Uによる騒ぎが発生した航空機が、F-22式戦闘機の誘導により空港に着陸した。アヌル・Uは警察により拘束された。

アメリカメディアの報道によれば、旅客181人、乗務員6人を乗せてロサンジェルス国際空港を離陸した31便旅客機内で、当時酔っていたことが明らかになっているアヌル・U(25)は、手にタオルを持ち、体にブランケットをまとった状態で、機体前方側のトイレがある地点で順番待ちをしようとし、この際、キャビンアテンダントから着席するよう注意を受けた。

■コックピット扉を破ろうとする

また、ハベルチュルク紙のギョクハン・アルタン記者からの情報によれば、手にはラップトップ型のパソコンを持っていたことも明らかになっており、注意を無視したアヌル・Uは、まっすぐにエアバス321旅客機のコックピット扉に近づき、扉を破ろうとしたが、キャビンアテンダントの制止と別の乗客の助けで妨げられた。
キャビンアテンダントらは状況を即座にコックピットに伝え、これを受けてパイロットらが航空管制センターに緊急事態を通報した。

■座席に拘束

機体後方の座席に拘束され、手錠をかけられたAnil・Uは、着陸までの残り時間をこの状態で過ごし、騒ぎによるパイロットの緊急事態通報後にハワイを離陸した2機のF-22Raptor戦闘機が旅客機を着陸まで誘導した。 Anil・Uは機体着陸後に逮捕され、事件に関する取り調べが開始された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:42691)