北イラク・クルド自治政府、9月に「独立」住民投票
2017年06月07日付 Hurriyet紙


北イラク・クルド自治政府(IKBY)は、「独立」住民投票を9月25日に行おうとしていると明らかにした。

IKBY議長のマスード・バルザーニーは、議論を呼んでいる住民投票の日程を明らかにするため、IKBY議会に席を持つ政党代表者たちとアルビルのサラハディン町に集まった。

会議に参加したイラク・トルクメン戦線(ITC)のアルビル選出国会議員のアイドゥン・マルフは、アナトリア通信特派員に向けた説明で、「マスード・バルザーニーと諸政党は、住民投票は9月25日に、IKBY議員選挙は11月6日に行うと決定した」と述べた。

バルザーニーが議長となった諸政党の会議に、IKBYで野党を率いるゴラン(変革)運動と、イスラム社会党(コメラ)からの参加者がいなかったことは注意を引いた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:庄原茉美)
(記事ID:42775)