エリトリア、カタールとの断交要求を拒否
2017年06月09日付 Hurriyet紙


カタールとの断交の主張したサウジアラビアとアラブ首長国連邦(以下UAE)の首脳らからの、カタールとの断交の要求をエリトリアは拒否した。

エリトリア外務省が行った書面での発表におると、「カタールとの国交があるその他の国同様、サウジアラビアとUAEから友好国ドーハと断交することを求められた。我々はこの要求を断固として拒否をする。友好国のカタール国民と政府は我々と深い関係にある。当該国らの禁輸措置決定により、我々の関係に水をさすことは不可能だ」とつづられている。

■毎日新しい展開が起こっている

サウジアラビアとUAE、バーレーン、エジプト、イエメンが先週月曜日にカタールとの全ての外交関係を断交することを発表したことで始まった危機に関し、毎日新しい展開が起こっている。

■カタール危機

各国の領空をカタール対して閉鎖じたサウジアラビアとUAE、バーレーンは、カタールの外交官に対し48時間以内で国外退去することを要求した。サウジアラビアは別にカタールとの唯一の内陸の国境を閉鎖した。

カタールに対しての外交的断交に、同日のうちにモルディヴ、そして国際社会により未承認のクーデター派将軍カリファ・ハフタルを支持するリビアのトブルク政府、モーリタニアとコモロのような国(以上、その数は10に達する)が参加した。ヨルダンは火曜日の夕方カタールと外交関係のレベルを下げることと、その本社がカタールにあるアル・ジャズィーラのテレビ局の支局を閉鎖すること発表した。

断交の下で、カタールは自国に向けられている疑惑を否定し、指導権を握ろうとする目的を持ち。すべてでっち上げの中傷報道に晒されていると明らかにした。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:42790)