イラン「カタール市場をトルコに奪われた」
2017年06月15日付 Hurriyet紙


イラン食料生産協会のメフディ・ケリミ会長は、カタール問題においては重要な機会を逃し、市場をトルコに奪われたと語った。イランの準公式報道機関、タスニムの報道によると、ケリミ氏は「残念ながらカタール問題で我々は機会を活かせず、市場参入に成功を収められなかった」と述べた。

イラン食料生産協会のメフディ・ケリミ会長は、カタール危機の背後でカタール市場をトルコに奪われ、市場参入における成功を収められなかったと述べた。

■チャヴシュオール外相:「我々はどちらにもつかない」

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外相は、カタール危機問題について、クウェート系のアル・カバス紙に語った。チャヴシュオール外相は、トルコはサウジアラビアとカタールに同じ距離感で接すると述べた。また、チャヴシュオール外相が明日サウジアラビアを訪問することも明らかにされた。

ロイター通信は、チャヴシュオール外相がアラブメディアに、「トルコはカタールとサウジアラビアに同じ距離感で接する」と発言したことを報道。チャヴシュオール外相は、サウジアラビア、バーレーン、エジプト、UAEによってカタールに対して適用された制裁が「不当」であると述べた。

■サウジアラビアを訪問

チャヴシュオール外相が明日サウジアラビアを訪れることが明らかになった。先日はカタールを訪問した後クウェートへ向かい、クウェートの副首相で外務大臣のシェイフ・サバフ・ハリド・アル=ハマド・アッ=サバフ氏とカタール危機の最新の展開について話し合った。チャヴシュオール外相は、今日アンカラで行われるプログラムに参加するためにクウェートを発っていた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山村 弥)
(記事ID:42810)