スターバックス、欧州で難民2500人雇用へ
2017年06月21日付 Hurriyet紙


大手コーヒーチェーン、スターバックスは、ヨーロッパで難民を雇用することを決定した。スターバックスは、2022年までヨーロッパで2500人の難民を雇用する。

スターバックスによって行われた書面での発表で、2022年までにヨーロッパの店舗で2500人の難民を雇用することが明らかにされた。
この決定は、会社が1月に発表した難民に仕事を提供するプログラムの一部であり、この枠内で全世界の1万人の難民を雇用することを明らかにした。
発表では、難民を選ぶ際にヨーロッパでの難民の定住援助組織と協力することを明らかにした。
スターバックスはヨーロッパではイギリス、フランス、オーストリア、スイス、スペイン、ポルトガル、ドイツとオランダに店舗を構える。
スターバックスの難民雇用プログラムは特に失業問題のある国で批判のもととなっている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:内山千尋)
(記事ID:42847)