トルコ軍、カタール到着
2017年06月22日付 Hurriyet紙


トルコ軍は、5台の装甲車両と23名のトルコ兵が今朝ドーハに到着したことを公式発表した。

参謀本部は、トルコがカタールで建設する基地に、初めての移送が行われたことを公式に明かした。
以下、ホームぺージでの発表である。

「トルコとカタールの間での軍事教育、協力、部隊配備について法的整備が行われ、トルコ軍のカタールにおける部隊配備過程の一部として、2017年6月22日午前8時に装甲車両5台と兵士23名のドーハへの移送が完了した。今後、軍事演習が計画通りに続けられる見通しである。世間に謹んでこれを通知する。」

サウジアラビアをはじめとする近隣諸国によって孤立したカタールは、6月5日以降封じ込めにあっている。ドーハと全ての外交関係を断った対カタール陣営は、陸・海・空全ての国境を遮断している。アメリカがスイッチを入れたことで各国が強硬姿勢となり、カタールは「テロ」支援をしているとして非難されている。
危機が勃発すると、トルコは他国に先駆けてカタールの味方につき、数日のうちにトルコ製品がカタール市場の棚に置かれた。
トルコ政府は、以前署名された合意を施行し、カタールに3000人の兵を派遣することを決定した。参謀総長の声明で、カタール国内の基地に最初の部隊が到着したことが発表された。

■カタールに計113名のトルコ兵

カタールには現在88名のトルコ兵が駐留している。最初の部隊の移送を合わせると、カタール国内に駐留するトルコ兵の数は113名に上った。カタールへ向かうのは軽装甲車両と、様々な軍用車両であり、この中に戦車はないことが以前に発表されている。
今後、カタールへ派遣されるトルコ兵の数は1000名になり得ると言われている。同様に航空部隊もカタールに配備されることが想定されている。

■バイラム後に共同演習

トルコとカタールの共同軍事演習が計画されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山村 弥)
(記事ID:42853)