サウジ王家の面々、ボドルムで休暇中
2017年07月02日付 Hurriyet紙


ボドルムに75メートルもある超豪華クルーザーで訪れたサウジアラビア王室の家族の一員である王子と王女らは、楽園の街を楽しみ始めた。ジェットスキーを運転し、ビーチクラブで楽しみに訪れた王室家族らに、護衛はジェットスキーとゾディアック・ボートで同行したが、クルーザーに近づくものはいなかった。夕方ヤルカヴァクにある有名なレストランに食事に訪れた家族は5,280ユーロの会計に500ユーロのチップを残して店を後にしたと明らかにされた。

ギリシャのミコノス島から昨日の朝ヤルカヴァク、その後トルバ湾を訪れたサウジアラビア王室家族のワリード・ビン・イムラヒム王子と王子の兄弟ハーリド・ビン・イブラヒム・アル・イブラヒム氏と、アブドゥルアズィーズ・ビン・イブラーヒム・アル・イブラヒム氏、アミーラ・アル・タウィール王女とサラ・ビン・タラール・ビン・アブドゥルアーザ・アル・サウード王女は楽園都市に停泊した。王家の家族の所有する75メートルもある超高級な1億6000万ドル相当の「モガンボ」と名前がついたクルーザーが注目を浴びた。

横にイギリス人家族も乗っていたクルーザーは、トルバ湾にあるゼイティンリカフベ地区に停泊した。クルーザーの後ろで集まって海に入ったサウジアラビアの王子と王女たちに、ジェットスキーとゾディアック・ボートに乗った護衛が同行した。護衛たちが、この地域を通過する、興味を持ってクルーザーに近づこうとするボートや大型船舶を半マイル以上近づかせないようにしているのが見られた。サウジアラビアの王子と王女たちがしばらくの間ジェットスキーに乗っている姿が見られた。

14人のグループは、夕方トルバ湾にある世界的に有名なニッキ・ビーチを訪れ、大いに楽しみ、プールに入った。プールサイドで用意された音楽つきのダンスショーを興味深く鑑賞した。一行はおよそ3時間ビーチクラブに滞在し、その後再びクルーザーに戻った。一家は夕方ヤルカヴァクにある有名なレストランに食事に訪れ5,280ユーロの会計に500ユーロのチップを支払いしレストランを後にした。また、地元の海で採れたもので料理された食事をとても気に入ったことが明らかになった。サウジアラビア王室の家族は2日間ボドルムに滞在した後、休暇をギリシャ領のキリムリ(カリムノス)島とソムベキ(シミ)島で続けるという。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:42910)