トルコ法曹協会が選ぶ法学部1位は、イスタンブル大学法学部
2017年07月19日付 Cumhuriyet紙


トルコ法曹協会が法教育における基準を決定する目的で始めた「査定と評価」調査の結果、イスタンブル大学法学部がトルコの最も優れた法学部に選ばれた。そのリストでは、2位をアンカラ大学法学部が、3位をマルマラ大学法学部が獲得した。トップ10大学のうち8大学を国立大学が占めた。
 
トルコの諸法学部学部長が参加し、およそ三年に渡り実施されてきた調査へ73法学部のうち53学部が加わる一方、35の法学部長の参加をもって発足した委員会は、一つの法学部は、どの程度最低限の基準を維持する必要があるかに関する基準を決定した。調査への最終的な形は高等教育機構と行われた共同研究の後に決められた。
 
トルコ法曹協会会長メティン・フェイズィオール教授はこう述べる。

「きちんとコントロールされずに開学し、数が日に日に増加する法学部の教育の質の大部分は、悲しいことに、求められている水準に達していません。大学への入学を望む学生が選択をする前に、彼らの目の前に、法学部を私たちが客観的な査定に従って序列化したリストを見出すことでしょう。このリストは法学部の選択において最も大きな要因となります。私たちの目的は入学を望むものたちにより情報の与えられた選択を可能にすること。さらに諸法学部が不足点に目を向けつつ、自身を発展させていくことの促進です。」

■法学部上位10校
 
1. イスタンブル大学法学部
2. アンカラ大学法学部
3 マルマラ大学法学部
4. ドクズ・エイリュル大学法学部
5. ガーズィー大学法学部
6. ガラタサライ大学法学部
7. ハジェッテペ大学法学部
8. バフチェシェヒル大学法学部
9. アナドル大学法学部
10. ビルギ大学法学部
 

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小林佑輔)
(記事ID:43015)