フォーブス誌、「女性の一人旅の危険な国10」にトルコも示す
2017年07月29日付 Cumhuriyet紙


フォーブス誌の旅行で最も危険な10カ国ランキングでトルコは9位とされた。

フォーブス誌が、女性にとって旅行の最も危険な10カ国を選んだ。ランキングにトルコも入っている。

メキシコへ行ったアメリカ人女性観光客がホテルで殺害されたことを受けて、アメリカ外務省が注意を喚起したとするこの記事で、10カ国がなぜ女性にとって危険でありえるかをそれぞれ説明している。

フォーブス誌のランキングでは、1位にエジプト、2位にモロッコ、3位にはジャマイカが入っている。トルコに関しては、ランキングの9番とされた。トリップドットコムの編集者ジュリア・ポンドは、トルコが「なぜこれ程危険なのか」に答えている。ポンド氏は「昨年非常に多くの情勢不安が生じ、新聞記者やた反対派が逮捕された」と述べ、トルコへ一人旅に行く女性たちに(出身の)国がだす旅行注意をよく読むようにとの忠告を行った。記事では、トルコ旅行で安全でいるための注意もいくつか載っている。

「度々暴動が起こっている。注意して下さい」とする記事では、女性たちへ、特にモスクでは髪を覆うよう勧告された。ハマム(トルコ風呂)を訪れるなら女性は女性専用の日すること、タクシーには明るく人通りの多い場所で乗ること、少額の紙幣を使うこと、押しつけがましい商店やレストランは無視するようにと勧められた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:43088)