カズダー山火事の犯人逮捕ー村から追放された男
2017年08月10日付 Hurriyet紙


カズダーでの火災の後、放火の疑いで軍警察に身柄を拘束されていたトゥルハン・Iが裁判所に移送された。8ヘクタールの森林が灰に帰した山火事の後、この火災の容疑者は5か月にわたって村に入れてもらえなかったことに怒って森に放火したと供述しており、多くの人に衝撃を与えた。トゥルハン・Iは以前、村人の所有するオリーブ畑に危害を加えたという理由で、5か月間村に入れてもらえなかったとのことだ。

これまでの情報では、バルケスィル県エドレミト郡のシャヒン川とアヴジュラル村の間にある国立公園の領域内の異なる4地点で出火し、この森林火災の放火の容疑で、エドレミト郡軍警察・アルトゥノルク軍警察本部の部隊による捜査が開始された。尋問の後、放火の容疑でトゥルハン・Iという名の容疑者が身柄を拘束された。軍警察本部でトゥルハン・Iの尋問が終了し、容疑者は裁判所に移送された。
容疑者が精神疾患を患っており、以前もアヴジュラル村で村人の所有するオリーブ畑に危害を加え、このために村に入れてもらえなかったということがわかった。トゥルハン・Iはこのことに怒ってカズダーに放火したと供述している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平 )
(記事ID:43223)