アクセス禁止のヴィキペディアに「海賊版」?
2017年09月08日付 Cumhuriyet紙


アクセスが禁止されているオンライン百科事典「ウィキペディア」が、関係するウィキメディア財団以外の人物によって海賊版として再び公開された。

ヒュッリイェト紙のアフメト・ジャン記者のニュースによれば、www.turkcewikipedia.orgのアドレスに存在する「海賊版」ウィキペディアには、英語とトルコ語ですべての内容が含まれている。さらには、トルコでウィキペディアへのアクセス禁止が決まった理由を示す内容も掲載されている。

■「内容はコピーできる」

トルコのウィキペディア編集者から得た情報によると、今回開設されたのは、ミラーサイトと呼ばれるサイトだという。編集者たちは、「ウィキペディアはオープンソースの環境を提供している。このため、内容はコピーし使用されることができる。www.turkcewikipedia.orgもこうしたサイトの一つだ。ミラーサイトには一般的に、ウィキペディアの内容とまったく同じものが掲載される。このウェブサイトは、ウィキペディア財団とはまったく関係ない。財団には、wikipedia.org以外のドメイン名はない」と話した。

海賊版ウィキペディアのドメイン名はアンカラで登録されている。このことも、使用されているアドレスが海賊版であることを証明している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩井美咲)
(記事ID:43357)