9月、学校はいつはじまる?
2017年09月10日付 Hurriyet紙


学校はいつ始まるのか。夏休みの終わりまで、学校が始まるまで何日あるのか。

国民教育省による学校への「慣らしの過程」等でいくつかの学年は早めに授業が始まることが、人々がこれを尋ねるきっかけとなった。保護者と学生の疑問への答えは、国民教育省が発表したカレンダーにあった。さて、これが、2017・2018教育年度のスケジュールである。

■学校はいつ始まるのか。

2017・2018教育年度は、2017年9月18日月曜日、未就学児クラスと小学校1年生、中学生とイマームハティプの5年生の準備期間は、学校が始まる週に授業と同時に行われる。

国民教育省が発表した2017・2018教育年度スケジュールによると、「慣らし期間」は来週から始まる。未就学児クラス、小学校1年生、中学生とイマームハティプ5年生の学生は、準備のため9月11日から15日に「慣らし教育」が行われる。2006・2007教育年度から適用された学校への「慣らし週間」に、今年度は9年生が加えられた。これにより、高校9年生の学生は学校が1週間早く始まる。つまり、9月11日月曜日から始まる。これ以外の学生は、9月18日から授業が始まる。

■2018年度の15休日はいつか。

スケジュールにある日付によると、後期の前の休みは、2018年1月22日から2月2日までである。後期は、2018年2月5日月曜日から始まる。

■2017・2018教育年度、学校はいつ終わるのか。

国民教育省の準備した活動スケジュールによると、2017年9月18日から始まる2017・2018教育年度は、2017年6月8日に終わり、学生たちは夏休みになる。国民教育省が行った発表によると、2018・2019教育年度はというと、2018年9月17日月曜日に始まる。

■「慣らし週間」が始まる。

国民教育省により、トルコ全土で適用された「慣らし週間」は、学生たちの学校への不安を取り除き、彼らが学校の環境を好きになり、授業の環境を知り、先生や友達と知り合う助けとするため、2006・2007教育年度以来適用されている。近年は中学校の5年生も追加する形で拡大した「慣らし週間」に今年は9年生も加えられた。これによって、未就学児クラス、小学校1年生、中学校5年生と高校9年生向けの慣らし週間は、9月11日月曜日から9月15日金曜日まで行われる。

■健康を害する文房具には注意を。

2017・2018教育年度は、9月18日月曜日に始まる。犠牲祭を終えたばかりの保護者らは、学校が間もなく始まる時期となり、今は、文房具をそろえるのに一生懸命だ。。マニサ商工業者職人協会会長バハッティン・アクユズ氏は、文房具を買いそろえる保護者に警告している。アクユズ氏は、特に、学校が始まる直前となり一部の文房具の生産が、闇で、低品質に健康状態も悪い条件で作られており、それらを買わないようにする必要があると述べた。

保護者は、文房具でメーカー品以外を選ばないでほしいというアクユズ氏は、「文房具で光っていて、色とりどりで、装飾が多い商品の外見でだまされない必要がある。低品質で、闇で、どこで生産されたかわからない商品の多くに発がん性物質が含まれている。子供たちの健康問題と皮膚の病気の原因になる。さらに、低品質の商品の使用期間はより短い。なぜなら、すぐにダメになるからである。安安い肉からは黒い汁がでる。3クルシュをけちって、子供たちの健康を脅かさないようにしましょう。」と述べた。

会長のアクユズ氏は、最近は、ショッピングセンターやスーパーマーケットで安い文房具のキャンペーンが始まっているとし、「文房具は、専門の文房具屋で買うべきだ。しかし、ショッピングセンターで文房具の販売が始まっている。ショッピングセンターの安くて健康基準を満たさない文房具は、子供たちの健康に悪影響があるということを忘れないようにしよう。保護者達は、特に、買おうとしている製品のバーコードに注意すべきである。商品が、どこで誰に生産されて、TSEの印が歩かないかを見なさい。子供たちの弁当袋と水筒を買うときは必ず基準に合っているかを確認してください」と話した。

会長アクユズ氏は、彼が「闇生産」と呼ぶ、健康に害のある文房具を販売している店舗に向けて検査を強化し、この種の製品に疑問を持った保護者に関しては関連する役所に申し出てほしいと述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:新井 慧)
(記事ID:43369)