故障で運休のマルマライ線、再開
2017年10月04日付 Hurriyet紙

マルマライ線は、技術的な故障により、14時45分に停止した。あるブルドーザーによって電線が切れたことが故障の原因だったことがわかる一方、16時からウスキュダル止まりの電車の運行が再開し、電線の修理後、17時からは10分間隔での再開がされた。マルマライ線の運休によって一部の者は、トンネルで歩きその姿を携帯電話でシェアした。マルマライのカズルチェシュメ駅、イェニカプ駅、アイルルクチェシュメ駅は混雑した。

マルマライによる発表では、「技術的な故障によって第二警告まで止まってしまった」と述べた。また、マルマライを使う人々は運休によって暫しトンネル内を歩いた。その光景を携帯電話で撮り、ソーシャルメディアでシェアした。

運休の原因はあるブルドーザーによって電線が切れ、故障が原因で14時45分に電車が止まり、16時からウスキュダル止まりで再開した。故障によってマルマライ線のカズルチェシュメ駅、イェニカプ駅、アイルルックチェシュメ駅は大変混雑した。駅にいた人々はアナウンスによって注意を促された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:内山千尋)
(記事ID:43651)