クウェート:国営銀行、投資会社との協力合意に調印
2017年10月27日付 al-Hayat紙

■「クウェート国営銀行」は「KFIC」との協力合意に調印

【クウェート:本紙】

クウェート国営銀行は、「クウェート金融投資会社(KFIC)」と協力合意を締結した。今次の合意は、クウェートにおける大手企業との協力を通じたより良い銀行サービスの提供に関するクウェート国営銀行の戦略の一つだ。この戦略に従い、KFICが提供する消費者ローンや分割ローンを受けている顧客にプリペイドカードが発行される。

今回の合意に際して、クウェート国営銀行のサラーフ・ユーセフ・ファリージュ最高経営責任者は「この新しい合意では、顧客がKFICから得る消費者ローンの金額、あるいは分割ローンの金額がプリペイドカードに預金される。顧客へのカードの発行と提供は銀行が行うことが定められている。また、このカードの特徴はクウェート国内外、またはオンラインショッピングサイトでも利用できることだ。カードの預金限度額は2万クウェート・ディナール(約66万ドル)に達する。」と述べた。

「クウェート金融投資会社」のターリク・マシャーリー・アバハル最高経営責任者は、「このカードはKFICの金融サービス部門(TAMWILIA)が顧客に提供する新しいオプションだ。簡単で安全に支払額を管理したい人にとって、このカードはスマートな選択肢となる」と述べた。またバハル氏は「KFICと国営銀行間の協力は、第1に銀行サービス部門において革新的かつ先駆的な解決策を継続して提供することで、顧客の経験を発展させることを目的とする。この目的は、企業が顧客に対して安全性を高めることのできる支払い手段を積極的にアピールすることで達成される」と述べた。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:片居木周平)
(記事ID:43677)