シリア:トルコの謀略でYPG主体のシリア民主軍報道官が離反する一方、有志連合報道官はトルコとシリア民主軍が交戦した場合、後者を支援しないと明言
2017年11月16日付 その他紙


■米主導の有志連合報道官はトルコとYPG主体のシリア民主軍が交戦した場合、後者を支援しないと明言(2017年11月14日)
米主導の有志連合のライアン・ディロン報道官(大佐)は、西クルディスタン移行期民政局の支配地域であるアレッポ県北西部のアフリーン市一帯に対して、『デイリー・サバフ』(11月14日付)に対して、同県西部やイドリブ県北東部にト ...
http://syriaarabspring.info/?p=43590

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2017年11月15日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月15日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県2件、ヒムス県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ ...
http://syriaarabspring.info/?p=43606

■ロシア空軍戦略爆撃機がダーイシュ最後の拠点都市ブーカマール市(ダイル・ザウル県)を爆撃(2017年11月15日)
ロシア国防省は、ロシア空軍の長距離戦略爆撃機Tu-22M3部隊(6機)が、ロシア国内の航空基地から、イラン、イラク領空を経由してシリア領空に入り、ダイル・ザウル県ブーカマール市近郊のダーイシュ(イスラーム国)の拠点を爆撃 ...
http://syriaarabspring.info/?p=43608

■アサド大統領はダマスカスでイランのアンサーリー外務副大臣と会談(2017年11月15日)
アサド大統領は、シリアを訪問したイランのホセイン・ジャーベリー・アンサーリー外務副大臣(アラブ・アフリカ担当)と首都ダマスカスで会談した。 アスタナ会議のイラン代表を率いるアンサーリー外務副大臣との会談で、アサド大統領は ...
http://syriaarabspring.info/?p=43610

■ダマスカス郊外県東グータ地方でアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動がラフマーン軍団とともに「彼らが不正を働いた」と銘打った作戦を開始(2017年11月15日)
ダマスカス郊外県・ダマスカス県では、アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動は声明を出し、アスタナ会議での決定に従い、緊張緩和地帯での戦闘停止を遵守するとしつつ、「彼らが不正を働いた」と銘打った新たな作戦をダマ ...
http://syriaarabspring.info/?p=43612

■シリア軍はブーカマール市からの避難民を保護(2017年11月15日)
ダイル・ザウル県では、SANA(11月15日付)によると、ブーカマール市から避難した住民85人(ほとんどが女性と子ども)をシリア軍が保護し、ダイル・ザウル市に搬送した。
http://syriaarabspring.info/?p=43614

■北シリア民主連邦選挙監視委員会は12月1日投票日の自治体選挙の立候補者を公表(2017年11月15日)
北シリア民主連邦の選挙監視委員会はハサカ県アームーダー市で声明を出し、西クルディスタン移行期民政局支配地域で12月1日に投票が予定されている自治体(村、町、区、市、郡、地区)議会選挙のうちジャズィーラ地域とユーフラテス地 ...
http://syriaarabspring.info/?p=43616

■トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団がロジャヴァ拠点都市のアフリーン市近郊を砲撃(2017年11月15日)
アレッポ県では、ANHA(11月15日付)によると、トルコ軍が支援する反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室、「家の者たち」作戦司令室)がアフリーン市一帯を砲撃、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア ...
http://syriaarabspring.info/?p=43618

■トルコの諜略により、YPG主体のシリア民主軍のスィッルー報道官が離反(2017年11月15日)
ドゥラル・シャーミーヤ(11月15日付)は、複数の消息筋の話として、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍のタラール・スィッルー報道官(大佐)が離反し、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(ユーフラテ ...
http://syriaarabspring.info/?p=43620

■PYDのハサン共同党首「米主導の有志連合がシリアに駐留し続けることの方が良い」(2017年11月15日)
西クルディスタン移行期民政局を主導する民主統一党(PYD)のシャーフーズ・ハサン共同党首は、「有志連合がシリアに駐留し続けることの方が良い」と述べた。 ハサン共同党首はその理由として、シリアにおける紛争の政治的解決が実現 ...
http://syriaarabspring.info/?p=43622

■シャーム解放委員会はアレッポ県西部のタカード村が砲撃を否定しつつ、ヌールッディーン・ザンキー運動が和解に応じなければ「軍事的解決」を目指すと脅迫(2017年11月15日)
アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月15日付)が、ヌールッディーン・ザンキー運動に近い複数のSNSアカウントの情報として、シャーム解放委員会が県西部のタカード村を砲撃したと伝えた。 これに対して、シャーム解放委 ...
http://syriaarabspring.info/?p=43624

■トルコのTRTとTRT Worldの取材チームがシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の拠点都市イドリブ市での取材開始(2017年11月15日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月15日付)によると、トルコのテレビ局TRTとTRTワールドがシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の拠点都市イドリブ市に入り、取材活動を開始した。 TRTとTRT Wo ...
http://syriaarabspring.info/?p=43626

■イスラエルのリーベルマン国防大臣「シリアがイスラエル国に対する前線と化すことを許さない」(2017年11月15日)
イスラエルのアヴィグドール・リーベルマン国防大臣は、対シリア国境地帯を視察後に声明を出し、「イスラエル国の安全保障上の考慮こそが、我々が現在行っているものだ。我々はシリアでのイランの影響力増大を許さない…。シリアがイスラ ...
http://syriaarabspring.info/?p=43628

■トルコ外務省は米国主導の有志連合がラッカ市のダーイシュ戦闘員を逃がしたと非難(2017年11月15日)
トルコ外務省は、10月半ばのラッカ市陥落直前に、米主導の有志連合が、ダーイシュ(イスラーム国)の(外国人)戦闘員多数の闘争を支援したとされる件に関して声明を出し、「極めて不快で…今後の事態の進捗は注目に値する」としたうえ ...
http://syriaarabspring.info/?p=43630

■レバノンのアウン大統領「ハリーリー首相はサウジで拘束されている」、バハー・ハリーリー氏「ヒズブッラーがレバノンを支配しようとしている」(2017年11月15日)
レバノンのミシェル・アウン大統領は、4日に訪問先のサウジアラビアで突如として辞意を表明したサアド・ハリーリー首相に関して、サウジアラビアで拘束されていると判断せざるを得ないとの見方を示した。 アウン大統領は、帰国の意思を ...
http://syriaarabspring.info/?p=43632

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:43773)