トルコ・ロシア・イラン首脳会議前に、アンタリヤで外相会議
2017年11月19日付 Hurriyet紙


シリアの保証国であるトルコ、ロシア、イランの首脳たちが、11月22日ソチでの首脳会議で初めて一堂に会する。本日アンタリヤで、その首脳会議のルートマップが形作られる。

シリアの政治的解決を目的とするソチでの首脳会議の準備を行うため、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣とイランのジェヴィド・ザリフ外務大臣は、メヴリュト・チャヴシュオール外務大臣をホストとして集合する。ロシアのプーチン大統領とエルドアン大統領が先週の月曜日ソチで行った最初の会談で、両首脳はシリアでの政治的解決に集中するため基礎を築くことに合意した。3名の首脳は解決のため、アスタナ・プロセスをさらに進め、より強力な形でこのプロセスを反映させる方法に関する案を作成する。停戦地帯とされており、トルコが2ヶ所の監視所を持つイドリブ県で進められている作戦と、トルコが神経をとがらせているテロ組織PKKのシリアでの組織PYD支配下にあるアフリンについてもアンタリヤの外相会議で取り上げられる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:43785)