エジプト・シナイ半島ISテロ事件に哀悼メッセージ
2017年11月25日付 Hurriyet紙

エジプト、ラブダ・モスクを狙ったテロ事件の死者は305人に上った。エジプト当局は、攻撃はジープ車で訪れ、イスラム国の旗を掲げた25~30人のグループによるものだと発表した。

エジプトの検察は、北シナイ半島のアリシュ市のモスクで24日に起きた爆弾攻撃で死者が子ども27人を含む305人にのぼったと発表した。

アリシェ市に属するアベド村のモスクで、金曜礼拝の際、爆弾テロが起きた。検察の情報によれば、4×4ジープの中にいた25~30人の覆面グループがモスクに発砲した。イスラム国の旗を掲げた実行犯たちの発砲により多くの人が負傷し、負傷者は周囲の病院に搬送された。

保健省の報道官ハリド・ムジャヒド氏は、襲撃でテロリストが爆弾を投げ込んだこと、また負傷者は病院に搬送されたと述べた。

エジプトでは、3日間喪に服すと発表された。

■襲撃後、エジプト軍による発表

軍報道官のタミル・エル=ルファイ大佐は、書面による発表で空軍がテロリストを追っていること、アリシュ市のエル=ハデス地域で所在場所を確認し、実行犯が乗る一部の車を破壊したと明らかにした。

ルファイ大佐は、空撃で車にいたテロリストたちが反撃不能になったと述べた一方、数に関する情報を提供しなかった。また軍報道官は、該当地域で行った捜索・探索活動で武器や弾薬が所在するテロのアジトも捜査対象としたと発表した。

■トルコから「エジプト」へメッセージ

ユルドゥルム首相は、この件について「エジプトでの残酷なテロ攻撃を厳しく非難する。金曜礼拝中の人々に爆弾や弾丸を降らせる者は人間でもイスラム教徒でもない」と述べた。

副首相のベキル・ボズダー氏は、「この事件についてトルコはエジプト国民及びエジプト政府に寄り添う姿勢である。今日までと同様、これからもテロと闘うあらゆる協力に「もし」はなく、容赦なく対処する」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐藤彩乃)
(記事ID:43849)