サウジアラビア:リヤド警察が切りつけ事件の容疑者を逮捕
2017年11月29日付 al-Hayat紙

■リヤド警察、なたで少年2人を襲った三人の容疑者を逮捕

【リヤド:本紙】

リヤド州の治安機関は木曜日、三人の容疑者を逮捕した。彼らのうち一人は最近SNSを上で出回ったビデオクリップに映っている。映像の中で同人は、首都リヤドの中心で刃物(なた)を用いて少年2人に襲い掛かろうとした後、逃走した。

同州警察署の報道官ファワーズ・ミーマーン大佐は今日付けの声明で、三人の容疑者(三十代と四十代の市民)に嫌疑がかけられ、綿密な張り込み捜査によって逮捕されたと述べた。というのも容疑者らはビデオクリップに映し出された車両を隠した場所に証拠を残していた。車両を捜査したところ、犯行に使われた道具と汗の残留物が付着したガラス瓶が発見されたという。

またミーマーン大佐は容疑者らが事件への関与を認めたと明らかにした。さらに彼らが金銭や個人の所持品を目的に通行人を襲ったように見せかけるために、車両を強奪したことも認めたと発表した。

これに加えて、情報不足にも関わらず、関係治安機関全体が絶え間なく努力したことで、事件が解明された述べた。つまり罪跡課の担当官らが犯罪の最初の糸口を見つけた。そしてこの糸口から、リヤド警察の犯罪捜査局が昼夜を問わず現場で捜査を続けた末、この事件に幕を下ろすことができたという。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:加納真理佳)
(記事ID:43877)