トルコ航空、アルメニア便就航へ
2017年12月01日付 Cumhuriyet紙


トルコ航空のイルケル・アイジュ取締役会会長は、来期にアルメニア便を就航することを発表した。

THY(トルコ航空)取締役会及び執行委員会会長のイルケル・アイジュ氏は、11月24日、アナトリア通信の経済部に招かれ、来期の取組みについて説明した。アイジュ会長は、今期6,900万人の旅客数を目標としているとして、「第3ターミナルがオープンすればキャパシティの問題が終わり、THYの年間旅客数が1億人に達するのも間近となるだろう」と述べた。また、来期にヨルダン・ハシェミット王国のアカベ便、ロシアのクラスノダール便、シエラレオネのフリータウン便の就航を開始すると話した。

アイジュ会長は、この他にもアルメニア便を就航網に加えると話した。インドネシアの休暇旅行先であるバリのデンパサールにも、トルコ航空は来期就航便を加える。また、アフリカでは現在51地点へ就航しており、これを55地点にまで増やすと語った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:43889)