獄中のデミルタシュHDP共同党首に、重要な決定の日
2017年12月05日付 Cumhuriyet紙


13か月間拘留されている人民民主主義党(HDP)のデミルタシュ共同党首が憲法裁判所(AYM)に対し行った訴えが今日結審する。明日も、デミルタシュ氏は拘留中の裁判で、裁判官の前に立つ。

一年以上にわたりエディルネ刑務所に拘留されているHDPのセラハッティン・デミルタシュ共同党首は今日と明日、2つの重要な司法裁判を受ける。憲法裁判所は、今日デミルタシュ氏の個人的訴えに判決を下す。また明日は拘留中の裁判の一環としてアンカラで初めて裁判官の前に立つ。

憲法裁判所は、デミルタシュ氏の申し立てを受けて「逮捕されたことにより国会議員の職務を遂行できなくなり、表現の自由と被選挙権、政治活動を行う権利を侵害された」という主張に判決を下す。判決は夕方に発表されることが見込まれている。高等裁判所は先月、拘留中のHDPマルディン県出議員ギュルセル・ユルドゥルム氏からの同様の申立てを認めなかった。この判決がデミルタシュ氏に対しても同様となることが明らかにされている。

2016年11月4日に逮捕されたセラハッティン・デミルタシュ氏だが、12月7日にアンカラ第19重罪裁判所で公判が開始される。公判の前に本件はアンカラ裁判所からシンジャン刑務所に引き継がれた。デミルタシュ氏を公判に出廷させることはできず、またSEGBİS(音声映像情報システム)によって裁判に参加することが伝えられた。公判は10時に開始する。AYMが下す判決は、デミルタシュが明日の裁判で拘留されたままになるのかどうかを決める。

■10か国の代表者

公判にはフランスの左翼政党フランス共産党、イタリア民主党、スウェーデン社会民主労働党、ノルウェーの極左政党「赤」、ノルウェー労働党、ギリシャの急進左派連合(SYRIZA)、イギリスの人権活動家と弁護士、ドイツ社会民主党、欧州左翼党、アイルランドのシン・フェイン党、イギリス労働党、イギリス労働組合会議、デンマークの赤緑連合と左翼・デンマーク自由党の代表者らも傍聴する。

■ユクセキダー氏も今日

国会議員資格を剥奪され拘留されているフィゲン・ユクセキダー元HDP共同党首の裁判も今日スィンジャン刑務所内の広間で続けられる。ユクセキダー氏は裁判に出廷させられることが伝えられた。ユクセキダー氏もまた、国会議員資格が2017年2月21日付ではく奪されたが、この手続きを取り下げるよう憲法裁判所に個人的に申し立てを行った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:43908)