4世代ぶりに村人へ遺産分配、しかし数字が合わないームーラ県
2017年12月10日付 Hurriyet紙


ムーラ県ボドゥルム郡に、4万1千平方メートル分の不動産を所有するハジュ・オスマン氏の四代目の相続者は、数百年間待っていた遺産の一部を受け取った。日刊紙、インターネットサイト、新聞がこの件について報道した。しかし売却地と売却価格間の不均衡さは、ニュースを見聞きした人々皆を混乱させるだけのものだった。

ボドゥルム郡ケメル街区104-44における4万1千348平方メートル分の不動産を所有しているという主張により、68人のハジュ・オスマン氏の相続者たちは、自分たちのオスマン朝時代の権利証書を証拠に、弁護士デブリム・デニズ氏を代理人として起こした裁判に勝訴した
オリーブ畑の不動産は、相続財産公表後に落札された。736リラで売却された。
ハジュ・オスマン氏の四代目の相続者68人は、18ヶ月かかる全法的工程を踏んだ後に、遺産として金を得られることに喜んだ。
金を得た者は喜んだが、売却価格により混乱した。ボドルゥムという(観光地の)土地柄、非常に高値がついているこの土地で4万1千平方メートル分の土地が736リラで売却されたことは、人々の驚きを呼んだ。このニュース報道後、売却価格が非常に低かったことや、この件に関して不審な点が見つかったというコメントが寄せられた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:川田知果)
(記事ID:43934)