シリア:米主導の有志連合はダーイシュ掃討戦が終わっているはずのダイル・ザウル県東部を爆撃し、民間人20人を殺害
2017年12月15日付 その他紙


■ロジャヴァの選挙管理委員会は北シリア民主連邦ジャスィーラ地域の自治体議会の議席配分を発表(2017年12月9日)
西クルディスタン移行期民政局支配下のハサカ県、ラッカ県、アレッポ県各所での北シリア民主連邦自治体(村、町、区、市、郡、地区)議会選挙を監督する選挙管理委員会(最高選挙委員会)は、ハサカ県アームーダー市の本部で、ジャズィー …
http://syriaarabspring.info/?p=44444

■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表「ロシアはアサド政権に新憲法と選挙を受け入れるよう説得すべきだ」(2017年12月13日)#シリア #ロシア
スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、スイスのRTS(12月13日付)のインタビューに応じ、国連の仲介のもとでシリアで和平が実現しなければ、「シリア解体」がもたらされると警鐘を鳴らした。 デミストゥラ氏 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44446

■米主導の有志連合はヒムス県のタンフ国境通行所近くで革命特殊任務軍がダーイシュ戦闘員20人以上を殲滅、多数を拘束したと発表(2017年12月14日)
有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、12月13日にヒムス県南東部のタンフ国境通行所近くの国境地帯で、革命特殊任務軍が、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、戦闘員20人以上を殲滅、また外国人を含む ...
http://syriaarabspring.info/?p=44448

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年12月14日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月14日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県4件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ダルアー県)の停戦違反を確認 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44450

■米主導の有志連合はダイル・ザウル県東部の東ジャルズィー村を爆撃し、民間人20人を殺害(2017年12月14日)
外務在外居住者省は、国連事務総長および安保理議長に宛てて書簡を送り、そのなかで米国が主導する有志連合が13日ダイル・ザウル県ユーフラテス川左岸(東岸)の東ジャルズィー村を爆撃し、多数の住民を虐殺したと報告した。 書簡では ...
http://syriaarabspring.info/?p=44452

■ヒムス県クサイル市近郊のジュースィーヤ国境通行所再開(2017年12月14日)
ヒムス県では、SANA(12月14日付)によると、クサイル市近郊の対レバノン国境に位置するジュースィーヤ村の国境通行所が2013年の閉鎖以来5年ぶりに再開された。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44454

■シリア赤新月社の支援チームが緊張緩和地帯内にあるハウラ地方(ヒムス県)、ハルブナフサ村(ハマー県)に人道支援物資を搬入(2017年12月14日)
SANA(12月14日付)によると、シリア赤新月社の支援チームがヒムス県北部のハウラ地方とハマー県南部のハルブナフサ村に貨物トラック26台分の人道支援物資(食料品、医療品)を搬入した。 ハウラ地方、ハルブナフサ村はいずれ ...
http://syriaarabspring.info/?p=44463

■首都ダマスカスでパレスチナとシリアを含むアラブ人学生がトランプ米大統領によるエルサレム首都認定に抗議するデモを実施(2017年12月14日)
ダマスカス県では、マッザ区でパレスチナ人学生、シリア人学生、そしてアラブ諸国出身の学生が「東もない、西もない、エルサレムはアラブのものであり続ける」と銘打ったデモを行い、ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエル ...
http://syriaarabspring.info/?p=44466

■ハマー県で、シャーム解放委員会などからなる武装集団がシリア軍、ダーイシュと交戦(2017年12月14日)
ハマー県では、シャーム解放委員会に近いイバー通信(12月14日付)によると、シャーム解放委員会などからなる武装集団が県北部および東部でシリア軍、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 シリア軍との戦闘は、県北部のSyri ...
http://syriaarabspring.info/?p=44468

■ロジャヴァ支配下のアレッポ市シャイフ・マクスード地区にこの1年で2,300世帯が帰還(2017年12月14日)
西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ市シャイフ・マクスード地区の自治を担う「人民庁」所轄の登記委員会は、2017年1月以降、同地区に帰還した住民の世帯数が2,300世帯に達し、地区全体の世帯数も8,400世 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44470

■ジュネーブ8会議は何の成果もないまま終了(2017年12月14日)
スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、ジュネーブの国連本部でシリア政府代表団と反体制派統一代表団と個別に会談した。 この個別会談をもって、ジュネーブ8会議はシリア政府代表団と反体制派統一代表団の直接交渉 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44471

■ファトフ軍再活性化に向けた合意に従い、シャーム解放委員会がシャーム自由人イスラーム運動の捕虜を釈放、ヌールッディーン・ザンキー運動に拠点を移譲(2017年12月14日)
ドゥラル・シャーミーヤ(12月14日付)は、複数の消息筋の話として、シャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動、ヌールッディーン・ザンキー運動、アフラール軍がファトフ軍再活性化に向けて11日に交わした合意に従い、シ ...
http://syriaarabspring.info/?p=44473

■シリア・イスラーム評議会「アサド政権はダーイシュを利用して、ハマー県、アレッポ県での戦果を狙っている」(2017年12月14日)
トルコのイスタンブールで活動するシリア・イスラーム評議会は声明を出し、ハマー県北東部でのシャーム解放委員会とダーイシュ(イスラーム国)の衝突や、シリア軍によるシャーム解放委員会への攻勢に関して、「アサド政権がダーイシュを ...
http://syriaarabspring.info/?p=44475

■ロシアのプーチン大統領「米国はアサド政権と戦うためにダーイシュを利用している」(2017年12月14日)
ロシアのヴラジミール・プーチン大統領はモスクワで年末の記者会見を開き、そのなかでシリア情勢に関して、「米国はアサド政権と戦うためにダーイシュ(イスラーム国)を利用している…。米国は、シリアからイラクにダーイシュのメンバー ...
http://syriaarabspring.info/?p=44477

■シャーム解放委員会は、シリア軍とダーイシュのイドリブ県進入を阻止するための徹底抗戦を呼びかける(2017年12月14日)
シャーム解放委員会のシャリーア評議会は声明(ファトワー)を出し、ハマー県東部および北部で進攻を続けるシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)のそれぞれに対して、徹底抗戦し、イドリブ県への進入を阻止するよう呼びかけた。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44479

■トルコ治安部隊は米国がPYDに供与した武器をトルコ領内のPKKの施設で押収(2017年12月14日)
アナトリア通信(12月15日付)は、複数のトルコ消息筋の話として、トルコ治安部隊が、シリアで活動する民主統一党(PYD)を経由してクルディスタン労働者党(PKK)に供与された米国の兵器をハッキャリ県にあるPKKの施設で押 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44481

■シリア人権ネットワーク「ラッカ市解放戦で有志連合側が殺害した民間人は2,323人、シリア・ロシア両軍が殺害した民間人は48人(2017年12月14日)
シリア人権ネットワークは、ダーイシュ(イスラーム国)の首都と目されてきたラッカ市解放戦で、米主導の有志連合、ロシア、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍、シリア軍によって殺害された民間人の数が2,3 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44483

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:43966)