シリア:自由シリア軍はジャズィーラ・チャンネルで機密情報を暴露したザカリヤー大佐の処罰をなぜかトルコに求める
2017年12月21日付 その他紙


■ムアッリム外務在外居住者大臣「緊張緩和地帯が今のままで維持されることは認められない」(2017年12月19日)
ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は人民議会本会議で、シリアをめぐる内外情勢、とりわけ「テロとの戦い」の進捗や「緊張緩和地帯」の動静についての報告を行った。 ムアッリム外務在外居住者大臣はそのなかで、「シリア ...
http://syriaarabspring.info/?p=44609

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2017年12月20日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月20日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県4件、ラタキア県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ ...
http://syriaarabspring.info/?p=44620

■ダマスカスの国連事務所前でエルサレム首都認定に抗議するデモ(2017年12月20日)
ダマスカス県では、SANA(12月20日付)によると、マッザ区の国連事務所前で、ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定したことに抗議する座り込みが行われ、シリア統一共産党(共産党ファイサル派)、パ ...
http://syriaarabspring.info/?p=44622

■ヒムス県の反体制武装集団戦闘員121人が投降し、放免に(2017年12月20日)
ヒムス県では、SANA(12月20日付)によると、各地域での和解プロセスの一環として、ラスタン市、タルビーサ市、タドムル市、クサイル市、タッルカラフ市、カルアト・ヒスン市などの出身者121人が当局に武器を引き渡し投降し、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44624

■イドリブ県マアッルシューリーン村のロシア軍によると思われる爆撃で15人以上が死亡(2017年12月20日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月20日付)によると、ロシア軍と思われる戦闘機がマアッルシューリーン村を爆撃し、15人が死亡、35人以上が負傷した(シリア人権監視団によると、19人が死亡、25人以上が負傷)。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44626

■ラッカ市内の聖母マリア教会とマール・ギルギス教会で地雷撤去完了(2017年12月20日)
ANHA(12月20日付)は、地雷撤去を専門とする西クルディスタン移行期民政局傘下のルージュ機構が、ラッカ市内の聖母マリア教会とマール・ギルギス教会にダーイシュ(イスラーム国)が敷設していた地雷や爆発物の撤去を完了した、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44628

■YPG主体のシリア民主軍がダイル・ザウル県東部でダーイシュと交戦(2017年12月20日)
ダイル・ザウル県では、ANHA(12月20日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、ハマーム村、東ジャラス村にある西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍の拠点への攻撃を試みたが、シリア民主軍がこれ ...
http://syriaarabspring.info/?p=44630

■有志連合のディロン報道官「ダーイシュ戦闘員数百人がシリア政府支配下の首都ダマスカス南部の「安全な場所」に避難した」(2017年12月20日)
米主導の有志連合のライアン・ディロン報道官(大佐)は、ダイル・ザウル県のユーフラテス川河畔地域で活動を続けるダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員のうち数百人が同地を逃れ、シリア政府支配下にあるダマスカス県南部の「安全な場所 ...
http://syriaarabspring.info/?p=44632

■自由シリア軍参謀総評議会はジャズィーラ・チャンネルで機密情報を暴露したザカリヤー大佐の処罰をなぜかトルコに求める(2017年12月20日)
シリア革命反体制勢力国民連立傘下の暫定内閣国防省所轄の自由シリア軍参謀総評議会は声明を出し、アブドゥルハミード・ザカリヤー大佐の身柄をトルコの治安当局に引き渡したいと表明、トルコに彼の処罰を要請した。 声明によると、ザカ ...
http://syriaarabspring.info/?p=44634

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44000)