レバノン:レバノン大統領がエルサレムをめぐる国連決議を称賛
2017年12月22日付 al-Quds al-Arabi紙

■レバノン大統領:国連決議は「真実の勝利であり、エルサレム問題をめぐる言明だ」

【ベイルート:ワシーム・サイフッディーン】

ベイルートのミシェル・アウン大統領は今日(金曜日)、占領下エルサレム情勢をめぐる国連総会の決議は、「真実の勝利であり、エルサレム問題をめぐる言明」であると述べた。

またアウン大統領は声明にて、「昨日の国連総会におけるレバノンを含む過半数を超える128カ国による圧倒的な投票は、アメリカ合衆国にエルサレムをイスラエルの首都とする決定を取り消すよう要求する決議に資するとし、これを称賛した。

ドナルド・トランプ米大統領は12月6日、エルサレム(西部・東部)を占領勢力イスラエルの偽りの首都であることをアメリカは公式に承認する、また米国大使館をテルアビブから1967年以降占領下におかれてきた東エルサレムに移転すると発表した。この発表はアラブとイスラームの怒りを、また国際的な懸念や警告といった反響を引き起こした。

アウン大統領は、今回の国連決議は「真実の勝利であり、エルサレム問題をめぐる言明である。またこの決議は、三つの啓典宗教の出会いの地として歴史を通じてパレスチナを特徴づけてきたエルサレムの性質、状況、人口構成と競合するあらゆる変革への確固とした拒否」であるとした。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:浅井晴香)
(記事ID:44013)