エルドアン、フランス在住オスマン家末裔らと面会
2018年01月05日付 Hurriyet紙


レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領が、オスマン家末裔でフランスに居住する人々と面会した。

エルドアン大統領は、公式会見の後にパリにあるトルコ大使館を訪れた。ここで、オスマン家の末裔で現在はフランスに居住する人々を大使館内へと迎え入れたエルドアン大統領は、さらにフランス国会のフランス・トルコ友好議員グループで会長を務めるステファン・テステ議員と上院議会のトルコ友好グループで会長を務めるジョシアン・コステス議員、そして元フランス司法長官であり欧州議会議員であるラチダ・ダティ氏も招待して会談を行った。

■会談は非公開で行われた

エルドアン大統領は、フランストルコ人コミュニティの代表者らやフランス・イスラム評議会の代表者らもそれぞれ招待した。これらの面談は、報道陣へは非公開で行われた。またエルドアン大統領は、パリのトルコ大使館に入る際に市民らによる歓迎にも応えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:指宿美穂)
(記事ID:44100)