シリア:イドリブ県におけるアル=カーイダ系のシャーム解放委員会の一大拠点アブー・ズフール航空基地にシリア軍が迫るなか、トルコ、フランス、カタール、反体制武装集団はシリア軍の進軍停止を求める
2018年01月11日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は7件の違反を確認(2018年1月10日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月10日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県4件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも7件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45294

■ハサカ市で兵役・予備役忌避者195人の免罪手続きが行われ、放免に(2018年1月10日)
ハサカ県では、SANA(1月10日付)によると、ハサカ市および同市近郊の農村地帯出身の兵役・予備役忌避者195人の免罪手続きが行われ、放免となった。
http://syriaarabspring.info/?p=45206

■シリア軍はシャーム解放委員会の一大拠点であるイドリブ県アブー・ズフール航空基地に到達(2018年1月10日)
イドリブ県では、SANA(1月10日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに県南東部でのシャーム解放委員会などからなる武装集団に対する掃討作戦を継続し、23カ村を新たに制圧した。 シリア軍が新たに解放したのは、ジュブ・ア ...
http://syriaarabspring.info/?p=45304

■ロジャヴァ支配下のアレッポ県マンビジュ市で爆破テロが発生、民間人多数が死傷(2018年1月10日)
ANHA(1月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局が実効支配するアレッポ県マンビジュ市の内務治安部隊広報センターは、同市で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、民間人1人が死亡、多数が負傷したと発表した。 内務治安部 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45306

■ロシア軍機関紙「フマイミーム航空基地を攻撃した無人航空機は緊張緩和地帯に設定されているイドリブ県の反体制派支配地域から飛来した」(2018年1月10日)
ロシア軍の機関紙『クラスナヤ・ズヴェズダ』(1月10日付)は、12月31日にラタキア県フマイミーム航空基地を攻撃した無人航空機に関して、緊張緩和地帯に設定されているイドリブ県南西部の反体制武装集団支配下のマウザラ村を発進 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45308

■トルコ、フランス、カタール、そしてアスタナ会議に参加する反体制武装集団が、イドリブ県でのシャーム解放委員会などに対するシリア軍の攻勢を非難、停止を求める(2018年1月10日)
アスタナ会議に参加しているシリア軍事革命諸勢力代表団は声明を出し、シャーム解放委員会などからなる武装集団の支配下にあるイドリブ県に対するロシア・シリア軍の攻勢に関して、「緊張緩和地帯における英雄的シリア国民に対して続けら ...
http://syriaarabspring.info/?p=45311

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44135)