イスタンブルに雪まぢか
2018年01月14日付 Cumhuriyet紙


最新の調査によると、国内の北、内陸、東部で雨の恐れがあると言われている。降雨は、内陸や東部、トラキア地方で雪を伴う雨又は雪が降ると予測されている。イスタンブルでも降雪の恐れがある。

 朝方及び晩の時間帯では、内陸部と東部で凍結や霜が見られると予想されている。エーゲ地方、黒海西部沿岸、時として地中海西部沿岸では暴風が、マルマラ地方では強く短時間に嵐のような風(秒速40-70㎞)が吹くと予報されている。

■イスタンブルで雪警報

 気象庁本部が出した予報によると、気温は内陸部、西部で3から7度下がると予想されている。風は、総じて北部や東部から軽風時々中くらいの強さで、 黒海西部沿岸、エーゲ沿岸、時として地中海西部沿岸では、風速30-50㎞の風が、マルマラ地方では強く短時間に嵐のような風(秒速40-70㎞)が吹くと予想されている。

一部の県に関する天気予報では日中最高気温は以下の通りだ。

アンカラ:雲の多い天気、雪混じりの雨と降雪 1度
イスタンブル:雲の多い天気、雨、高所は場所により軽い雪の混じった雨と降雪 5度
イズミル:晴れ(時々雲) 10度
アダナ:雲の多い天気、雨や大雨を伴う 14度
アンタルヤ:晴れ(時々雲) 16度
サムスン:雲の多い天気、断続的な雨 8度
トラブゾン:雲の多い天気、断続的な雨 10度
エルズルム:雲と降雪 1度
ディヤルバクル:雲と雨 11度 

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:川田知果)
(記事ID:44152)