シリア:イラン、反体制派の最高交渉委員会も米国による国境治安部隊創設を非難、トルコ大統領はトランプ政権との断交を宣言
2018年01月17日付 その他紙


■米主導の有志連合は1月5~1月11日までの7日間でシリア領内で93回の空爆を実施(2018年1月17日)
米中央軍(CENTCOM)は、1月5~1月11日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 1月5日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し3回の空爆を実施、このうちシリア領内で ...
http://syriaarabspring.info/?p=45433

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は10件の違反を確認(2018年1月17日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県3件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも10件(アレッポ県1件、ダマスカス県 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45435

■ダイル・ザウル県マヤーディーン市近郊の住民約3,000世帯が避難生活を終えて帰宅(2018年1月17日)
ダイル・ザウル県では、SANA(1月16日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の支配を逃れて避難していた県東部農村地帯(マヤーディーン市近郊)の住民約3,000世帯が、シリア軍によって解放・浄化された同地に機関した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45437

■反体制武装集団に3年以上拉致されていた住民24人が解放(2018年1月17日)
ダマスカス郊外県では、SANA(1月16日付)によると、東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団によって拉致されていた住民24人が救出・解放された。 24人はダマスカス県アッバースィーイーン地区の旅客バス発着場で2014 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45442

■ロシア・シリア両軍はイドリブ県各所を激しく爆撃(2018年1月17日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月16日付)によると、ロシア軍戦闘機がタビーシュ村を爆撃し、子供6人と女性1人が死亡した。 ロシア軍(と思われる戦闘機)はまた、ガドファ村、カフルナブル市を空爆、シリア軍もハーン ...
http://syriaarabspring.info/?p=45444

■トルコ軍部隊がアレッポ県アフリーン市近郊の国境地帯に掘を建設(2018年1月17日)
ANHA(1月16日付)は、トルコ軍部隊がアレッポ県アフリーン市近郊のラージュー町北西の国境地帯(シリア領内)に掘を建設していると伝え、その映像を公開した。 [ ...
http://syriaarabspring.info/?p=45446

■トルコのエルドアン大統領「国境治安部隊を創設している米トランプ政権と断交した」(2018年1月17日)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、首都アンカラで与党公正発展党(AKP)の議員を前に演説し、有志連合を主導する米国が西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍を母胎として「国境治安部隊」 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45448

■フランス外務省は米国による国境治安部隊創設に関して、域内のすべての勢力との対話と調整を呼びかける(2018年1月17日)
フランス外務省報道官は、有志連合を主導する米国が西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍を母胎として「国境治安部隊」を創設していることに関して報道向け声明を出し、「ダーイシュ(イスラーム国)メンバーの動 ... Read
http://syriaarabspring.info/?p=45450

■最高交渉委員会は米国による国境治安部隊創設に疑義(2018年1月17日)
ジュネーブ会議に参加する反体制派の一つ最高交渉委員会のナスル・ハリーリー代表は、ロシアとイランに対して、1月24~26日に予定されているジュネーブ8会議にシリア政府の代表団を参加させるため圧力をかけるよう呼びかけるととも ...
http://syriaarabspring.info/?p=45452

■イラン外務省「米国による国境治安部隊創設はシリア危機を大混乱に陥れる」(2018年1月17日)
イラン外務省のブラハーム・カーセミー報道官は、有志連合を主導する米国が西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍を母胎として「国境治安部隊」を創設していることに関して、「シリア内政へのあからさまな干渉で…
http://syriaarabspring.info/?p=45454

■米国はアサド政権による化学兵器使用に関する調査に対するロシアの批判に反論するための書簡を国連とOPCWに提出(2018年1月17日)
ニッキー・ヘイリー米国連大使は、国連(アントニオ・グテーレス事務総長)と化学兵器禁止機関(OPCW)に宛てて、シリア国内でのアサド政権による化学兵器使用に関する調査に対するロシアの批判に反論するための書簡を提出した。 『 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45456

■自由シリア軍匿名司令官「アサド政権はヨルダンにシリア南部の緊張緩和地帯は終わったと通達」(2018年1月16日)
ドゥラル・シャーミーヤ(1月16日付)は、「自由シリア軍」の匿名司令官の話として、シリア政府がヨルダン政府に対して、シリア南部の緊張緩和地帯が「終わった」と通達した、と伝えた。 この司令官によると、「終わった」ことの詳細 ...
http://syriaarabspring.info/?p=45458

■シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)のジャウラーニー指導者「アスタナ会議に準じる反体制派との和解に応じる用意がある」(2018年1月16日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放委員会(旧シャームの民のヌスラ戦線)のアブー・ムハンマド・ジャウラーニー指導者はインターネットを通じて音声声明を発し ...
http://syriaarabspring.info/?p=45460

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44170)